咳や喉の痛む時の紅茶うがいの方法。ペットボトルの紅茶でも良い?

Sponsored Link

紅茶でうがいをすると良いと聞きますがほんとうでしょうか?

紅茶うがいをすると咳がひどくなるのを改善できるようです。

紅茶でうがいするために、ペットボトルに入れて携帯している人もいます。

紅茶の効能を紹介します。

 

次に、紅茶の効能・紅茶がうがいに良い理由・紅茶うがいで咳改善・紅茶うがいには携帯ペットボトルなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

紅茶の効果と効能

 

画像3

 

紅茶うがいが良いとされていますが、紅茶うがいで咳を改善できるのでしょうか。

紅茶うがいのために携帯ペットボトルを持っている人もいるようです。

不老長寿の霊薬や万能に効く東洋の秘薬ともいわれていた“紅茶”にはいろいろな効果・効能があります。

・紅茶には活性酸素を除去するテラフラビン・紅茶フラボイノが含まれています。

活性酸素はシミ・シワなどの肌トラブルや生活習慣病のリスクを高めます。

紅茶を飲んで活性酸素の働きを抑制すれば美容と健康に役立ちますね。

・紅茶に含まれている紅茶カテキンには糖分分解酵素があります。

また、紅茶に含まれているカフェインには脂肪分解作用や脂肪燃焼促進作用があります。

・紅茶の茶葉には、カルシウム・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンなどが含まれています。

紅茶が新陳代謝を整えて体の成長をサポートします。

・紅茶に含まれている紅茶テラフラビンやカテキンには殺菌作用があります。

紅茶には風邪ウイルスの活性を抑えてウイルスの感染を防ぐ働きも期待されています。

・紅茶に含まれているカフェインには、疲労回復・ストレス改善・中枢神経の刺激などが期待できます。

紅茶によるリラックス効果でストレスや慢性疲労を改善しませんか。

・紅茶カテキンやテラフラビンには歯垢予防効果もあるようです。

また、タンニンにはフッ素が含まれているので歯のエナメル質の強化に役立ちます。

・紅茶カテキンには消臭効果があるので口臭予防に役立ちます。

紅茶うがいで口臭予防できますね。

・紅茶カテキンやフラボノイドには抗酸化作用・血中コレステロール抑制・血糖値抑制・動脈硬化抑制の効果が期待されます。

紅茶うがいは、咳の改善だけでなく生活習慣病予防ができます。

・紅茶カテキンやフラボノイドには抗がん作用も期待できます。

次に、紅茶うがいのことや紅茶と携帯ペットボトルなどの紹介をします。

 

風邪ウイルスの活性抑制

 

うがい

 

紅茶によるうがいは風邪ウイルスの活性を抑えるのに役立ちそうです。

紅茶うがいで咳の悪化も防げそうですね。

毎日の紅茶うがいを、風邪・インフルエンザウイルスの予防に役立てている人もいます。

紅茶うがい用の携帯ペットボトルを持っている人もいます。

 

ペットボトルで携帯

 

紅茶に含まれるテアフラビン・カテキンの殺菌・消毒作用は、風邪ウイルスの活性抑制に役立ちます。

うがいをするなら紅茶うがいをおススメします。

咳がでたら紅茶うがいを試しませんか。

紅茶をペットボトルに入れて携帯すれば、いつでも喉を殺菌・消毒できます。

風邪ウイルス予防や咳改善に紅茶うがいをおススメします。


PAGE TOP