二日酔いの頭痛にロキソニン、バファリン、イブなどの頭痛薬は効く?

Sponsored Link

頭痛に悩んでいる人も多いようです。

仕事スタイルや生活スタイルなどのストレスや、お酒の飲み過ぎによる二日酔いでの頭痛に悩まされている人もいますね。

二日酔いの痛み緩和の市販薬には、ロキソニン・バファリン・イブなどがあります。

二日酔いや頭痛の緩和にはロキソニンが良いのでしょうか。

二日酔いや頭痛の緩和ならバファリンと言う人もいます。

二日酔い・頭痛の緩和にイブを愛用している人もいます。

二日酔いの主な症状には、頭痛・吐き気・喉の渇き・胃痛・胸やけなどがあります。

二日酔いによる頭痛は辛いですね。

二日酔いでの頭痛があると翌朝起きるのにもつらくて仕事や家事をする気もなくなります。

二日酔いによる頭痛は、アルコールを分解した際に発生する物質に原因があるようです。

お酒などで摂取したアルコールは分解されてアセトアルデヒドという物質に変化します。

アセトアルデヒドは通常は代謝されて酢酸に変わってから分解されて体外へ排出されます。

アセトアルデヒドが最後まで分解されないこともあります。

血管を拡張させる作用があるアセトアルデヒドによって、拡張した血管が周囲の神経を圧迫して頭痛が起きます。

二日酔いの頭痛の原因は、アセトアルデヒドによる血管の拡張です。

アセトアルデヒドをどのくらい分解できるかで二日酔いの頭痛の程度が変わります。

アセトアルデヒドの分解酵素が強ければ二日酔いになりにくくなります。

アセトアルデヒド分解酵素の働き以上のアルコールを体内に入れなければ二日酔いによる頭痛は起きません。

二日酔いの頭痛に悩まされる人は、アセトアルデヒド分解酵素の働き以上のお酒(アルコール)を摂取するからです。

 

次に、二日酔いの頭痛が起きた時の飲むロキソニン・バファリン・イブの紹介をします。

 

スポンサーリンク

二日酔いの頭痛

 

futsukayoi

 

二日酔いの頭痛の緩和にロキソニン・バファリン・イブを飲んでいる人も多いと思います。

二日酔いの頭痛にはロキソニンとバファリンのどちらが良いのでしょうか。

または、二日酔いの頭痛にはイブが良いのでしょうか。

二日酔いの頭痛の原因は、アセトアルデヒドが血管を拡張させて周囲の神経を圧迫することや脱水症状のケースが多いようです。

二日酔いの頭痛では薬を飲む前に水分を意識的に摂取してみませんか。

水・スポーツドリンク・お茶・コーヒー・紅茶などは二日酔いの頭痛緩和に効果的です。

頭痛に効くとされる「天柱」のマッサージもおススメです。

天柱は首の後ろのツボで、首の2本の太い筋の外側生え際の付近にあります。

それでも頭痛が緩和しない時には、ロキソニン・バファリン・イブなどの市販薬を試してください。

次に、二日酔いの頭痛薬にはロキソニン・二日酔いの頭痛薬にバファリン・二日酔いの頭痛薬にイブのどれが良いかなどの紹介をします。

 

頭痛薬の種類

 

publicdomainq-0001883uog

 

一般的な市販の頭痛薬にはロキソニン・バファリン・イブなどがあります。

二日酔いの頭痛 にはロキソニン・バファリン・イブのどれが良いのでしょうか。

頭痛薬に配合されている成分は大きく分けて3種類あるとされています。

・鎮痛作用と抗炎症作用が強いイブプロフェン。

・アセトアミノフェンが含まれている解熱鎮痛薬。

・プロスタグランジンという物質が作られるのを抑制する働きがあるアスピリンが含まれている鎮痛薬などです。

アセトアミノフェンが含まれている頭痛薬には、ノーシン・ハッキリエース・タイレノールなどがあります。

抗炎症作用はほぼありませんが胃腸障害を起こしづらいとされる市販薬です。

次に、二日酔いの頭痛緩和にはロキソニン・バファリンが良い?二日酔いの頭痛緩和にはイブが良い?などの紹介をします。

 

二日酔いの頭痛緩和

 

二日酔いの頭痛緩和の市販薬を選ぶときには、ロキソニン・バファリン・イブのどれにしていますか。

二日酔いの頭痛は早く抑えたいですね。

吸収が速くて即効性が高い解熱鎮痛消炎の市販薬には、ロキソニン・バファリン・イブなどがあります。

二日酔いの頭痛を抑えるのは、ロキソニン・バファリン・イブのどれも良さそうです。

市販薬には胃の粘膜を保護する成分を含んだものもあります。

胃が弱い人は胃粘膜保護成分を配合した鎮痛薬をおススメします。


PAGE TOP