お通夜や葬式の男性のズボンの裾上げはシングル?ダブル?ベルトは?

Sponsored Link

男性が通夜や葬儀・告別式で着る喪服は、喪に服す場にふさわしいものにすることが大切です。

喪服を選ぶときには、故人の死を悼む喪に服す場にふさわしい服装にします。

通夜や葬儀・告別式での喪服や持ち物は、遺族や親族に対して失礼がないものを選ばなくてはなりません。

只、最近では火葬式・直葬・一日葬・家族葬などのシンプルなスタイルのお葬式も増えています。

葬儀での服装についての自由度も高くなっているようです。

 

次に、男性の喪服・喪服のズボンの裾上げ・葬式の喪服での男性のズボンにベルトはどうするなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

男性の喪服

 

Fotolia_114580904_Subscription_Monthly_M-e1509596452678

 

喪服は礼服の中で葬儀や法事に出席するときに着るものです。

喪服は黒や薄墨色が一般的です。

昔の日本では、喪服の色は黒ではなく白だったので、和服の場合に喪主や喪主の配偶者が白を着用することもあります。

喪服には格式があります。

格式の高い順に、正喪服・準喪服・略喪服になります。

遺族・親族・一般弔問客によってふさわしい喪服の格式が違います。

通常は、通夜と葬儀・告別式でも立場や場面に応じた喪服を着るのがマナーだとされています。

男性の喪服を紹介します。

遺族や親族の男性の喪服で正式なものは、通夜は準喪服であるブラックスーツか、略式服のダークスーツになります。

最近の傾向では、通夜・葬儀・告別式で着る男性の喪服は準喪服のブラックスーツが多くなっています。

最近での一般的な男性の喪服は準喪服のブラックスーツになっています。

ブラックスーツとは、黒無地のシングルスーツかダブルスーツになります。

紳士服売り場にある黒いビジネススーツではないので間違わないようにしてください。

一般の弔問客の男性の喪服では、通夜・葬儀・告別式は準喪服のブラックスーツか略喪服のダークスーツになります。

ネクタイ・靴・靴下は黒にします。

次に、男性の喪服の裾上げや・葬式での男性の喪服のベルトはどうするのか?などの紹介をします。

 

喪服のズボンの裾

 

20141223174407709

 

男性の喪服では裾上げをシングルにするのかダブルにするのか気になります。

通夜・葬儀・告別式に着る男性の喪服には、格式の高い順に正喪服・準喪服・略喪服があります。

最近では、遺族や親族の男性の喪服は準喪服のブラックスーツを着るのが一般的になっています。

ズボンの裾上げにはシングルとダブルがありますが、喪服の場合はどちらが正しいのでしょうか。

通夜・葬儀・告別式で着るズボンの裾はシングルが常識になります。

ズボンの裾がダブルの場合は、“繰り返してしまう”という意味になります。

ダブルの裾はカジュアルに見えてしまうこともあるので、喪服の裾はシングルで仕上げてください。

次に、葬式の男性の喪服のベルトについて紹介します。

 

葬式での男性の喪服のベルトは?

 

通夜・葬儀・告別式で着る遺族・親族の男性の喪服は、準喪服のブラックスーツが一般的です。

スーツはシングル・ダブル・三つ揃いから選びます。

喪服の裾上げはシングルにします。

ダブルの裾は“繰り返す”の意味を連想させるので避けます。

葬式に着る男性のズボンのベルトは、黒のピンタイプをおススメします。

黒のピンタイプのベルトでも、通夜・葬式・告別式にふさわしいものを選びます。

・派手な金具

・太くてカジュアル

・光沢がある

・蛇などの皮素材

・殺生を意味する素材などは避けるのが無難です。


PAGE TOP