くしゃみの回数と噂の由来、意味。くしゃみの噂の根拠は?

Sponsored Link

くしゃみと噂の関係はあるのでしょうか。

くしゃみの噂の根拠はどこになるのでしょう。

くしゃみの回数と噂にも言い伝えがあるようです。

噂に関係する「くしゃみ」ではなく、病気の「くしゃみ」もあるので注意が必要です。

「くしゃみ」は、一回~複数回のけいれん様の吸気をして激しく呼気を出すことです。

「くしゃみ」は自分ではコントロールできません。

「くしゃみ」の役割には、鼻の穴の中の異物を体外に出すこと・体温を上げることなどがあります。

「くしゃみ」だけを見て病気の判断をするのはお医者さんでも困難です。

「くしゃみ」で排出される呼気やつばきは数メートル先まで飛びます。

病気や風邪などを原因とした「くしゃみ」の場合は飛沫感染の恐れがあります。

病気や風邪の時には、他の人への飛沫感染を防止するためにもマスクなどをしましょう。

「くしゃみ」は上半身の筋肉を激しく運動させます。

「くしゃみ」は瞬間的に激しい運動をするので、ぎっくり腰や肋骨を傷めるなどの原因にもなります。

また、連続して「くしゃみ」をすると、体力を消耗してしまいます。

 

次に、くしゃみと噂の関係やくしゃみと噂の根拠・くしゃみの回数などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

くしゃみと噂

 

p446

 

くしゃみは、ホコリを吸い込んだ時・太陽の光が直接目に入った時・風邪などの病気の時の生理現象です。

くしゃみで、鼻の穴の中の異物を体外に出したり体温を上げたりします。

現代では皆が知っている生理現象も、昔の人にとっては違っていました。

昔の人は、くしゃみをすると、良くない霊や呪いで鼻から魂(命)を吐き出させられていると考えていたようです。

くしゃみをすると早死にするとも考えられていたので、くしゃみが出たら“おまじない”の言葉を唱えて打ち消していたこともありました。

「くしゃみ=不吉」という考えです。

くしゃみと噂が結びついた由来は不明ですがいろいろな説があります。

 

くしゃみと噂の根拠

 

uwasa

 

くしゃみと噂の関係にはいろいろな説があります。

くしゃみと噂が結びついた根拠は不明ですが、「くしゃみ=不吉」と「自分の噂=不吉」が結びついたとする説が納得できます。

昔の人は「自分についての噂」も「不吉」だと考えていました。

くしゃみと噂は共に不吉であることから、不吉つながりで「くしゃみ」と「噂」が結びついたとされています。

「くしゃみ」=「自分についての噂」になります。

「くしゃみ」と「噂」の関係については、人の呪いでくしゃみが出ることが変化して、人の噂でくしゃみが出ることになったとする説もあります。

 

くしゃみの回数と噂

 

くしゃみと噂の関係やくしゃみと噂の根拠にはいろいろな説があります。

くしゃみの回数と噂については、地域によって違いがあるようです。

・くしゃみ1回は、誰かに批判されている

・くしゃみ2回は、誰かに笑いものにされている

・くしゃみ3回は、誰かに惚れられている

・くしゃみ4回は、自分が風邪をひいているという説です。

他にも、

・くしゃみ1回は、誰かに褒められている

・くしゃみ2回は、誰かに恨まれている

・くしゃみ3回は、誰かに惚れられている

・くしゃみ4回は、自分が風邪をひいているという説や、

・くしゃみ1回は、誰かに褒められている

・くしゃみ2回は、誰かに振られる

・くしゃみ3回は、誰かに惚れられている

・くしゃみ4回は、自分が風邪をひいているという説もあります。

どれが正しいか分かりませんが、くしゃみを4回したら風邪をひいているかもしれませんね。


PAGE TOP