紫外線から髪を守る対策方法と日焼けによるダメージケア方法

Sponsored Link

紫外線対策していますか。

紫外線とは、波長が10~400nmの不可視光線の電磁波のことです。

人への健康に影響がある紫外線には、紫外線A波(UVA)・紫外線B波(UVB)・紫外線C波(UVC)があります。

UVA・UVB・UVCの中で、紫外線C波のUVCは通常は大気を通過できません。

人への影響があるのは紫外線A波のUVAと紫外線B波のUVBになります。

紫外線A波(UVA)の波長は315~400nmです。

紫外線B波(UVB)の波長は280~315nmです。

紫外線A波(UVA)は、波長が長いので表皮だけでなく真皮にも影響をあたえます。

・雲や窓ガラスを通過して肌まで大量に到達する

・赤みや炎症を起こしにくい

・うっかり日焼けの原因になるなどの特徴があります。

UVAの影響をまとめると、光老化であるシミ・シワ・たるみの原因になります。

紫外線B波(UVB)は、波長が短く表皮に届く・屋外での日焼けの主な原因・肌に強く作用してサンバーン(赤い炎症)やシミ・ソバカスの原因のサンタンを起こすなどの特徴があります。

レジャー日焼けの原因などです。

UVBの影響をまとめると、日焼けやシミの原因になります。

紫外線A波(UVA)・紫外線B波(UVB)から肌を守るために紫外線分布図を活用してください。

紫外線情報分布図で今日の紫外線の強さを確認できます。

気象庁の防災情報のサイトに紫外線情報分布図があります。

紫外線分布図は、スマートホンはPCで簡単に検索・表示できます。

紫外線から髪や肌をガードするために紫外線分布図を活用しませんか。

 

次に、紫外線から髪を守る・紫外線の髪へのダメージケア・髪の日焼けとヘアケアなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

紫外線と髪を守る

 

177ac_1542_562fede2adceead6826b5308c2833e60

 

紫外線から髪を守るために紫外線分布図を活用してください。

紫外線分布図があると、屋外の紫外線の強さをスグに確認できます。

紫外線の強さは季節や天気で変化します。

紫外線が最も強いのは5~8月頃になります。

11~2月頃は紫外線の影響がないように思いますが、ピーク時の25%程度はあります。

冬季の紫外線対策も大切ですね。

また、快晴時の紫外線強さと比べると雨天時の紫外線の強さは快晴時の30%超あります。

雨天でも紫外線が肌・髪・目に影響を与えています。

紫外線の悪影響から髪を守るためのダメージケアは大切ですね。

髪の日焼けはヘアケアで回復させましょう。

 

紫外線による髪のダメージケア

 

1-2

 

紫外線から髪を守るのを怠ると、紫外線の影響で髪の毛がパサパサになります。

肌の紫外線対策やサングラスで目を守ることには注意しても、髪の紫外線対策を怠っている人が多いようです。

肌や目のUV対策に比べて髪の毛の紫外線対策を忘れてしまうことが多いようです。

ツヤツヤ美髪の為には、髪の毛の紫外線対策とダメージケアが大切ですね。

髪の毛のダメージケアでは髪と頭皮のケアが大切です。

頭皮は髪の毛が生まれる場所です。

紫外線で頭皮がダメージを受けると健康な髪を育毛するのが難しくなります。

紫外線の悪影響から美髪を保つには頭皮のダメージケアがポイントになります。

次に、髪の日焼けのヘアケアの紹介をします。

 

髪の日焼けヘアケア

 

紫外線から髪を守るには、紫外線による頭皮と髪の毛のダメージケアが大切になります。

頭皮のダメージケアでおススメなのは頭皮マッサージです。

オイルマッサージで頭皮の汚れを浮かしながら頭皮の血行促進をアップさせます。

化粧水などで頭皮に水分補給するのも忘れないようにしましょう。

髪の日焼け対策のヘアケアではトリートメントが大切です。

紫外線で傷んだパサパサの髪の毛には、スグに栄養分を補いましょう。

オイルトリートメントなどで集中ヘアケアすれば効果もアップします。

トリートメント剤は、髪の毛につけて数分おいてから洗い流してください。


PAGE TOP