暑中見舞い、残暑見舞いの時期はいつからいつまで?9月に返事をしても良い?

Sponsored Link

暑中見舞いの正しい意味を知らないと、暑中見舞いの返事が遅くなってしまいます。

暑中見舞いの時期を外すと残暑見舞いになります。

暑中見舞いはいつまでに出さなければいけないのでしょうか。

9月になっても残暑見舞いを出しても良いのでしょうか。

暑中見舞いが残暑見舞いになる時期はいつなのでしょうか。

残暑見舞いのお返しは9 月に出してもよいのでしょうか。

 

次に、暑中見舞いの意味・暑中見舞いの返事はいつまで・残暑見舞いはいつまで・9月の残暑見舞い・残暑見舞いのお返しは9 月でも大丈夫?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

暑中見舞いの意味

 

simple_scard_morningglory_w

 

暑中見舞いの正しい意味を知らないと、暑中見舞いの返事を出す時期を間違うかもしれません。

暑中見舞いは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために家を訪問することです。

家を訪問するかわりに手紙を出すこともあります。

暑中見舞いの手紙や贈り物そのものを「暑中見舞い」と言うこともあります。

暑中見舞いには、一年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う意味があります。

現在では単なる社交辞令となっているケースもあります。

暑中見舞いの期間にはいくつかの考えがあります。

・立秋前の約18日間の「夏の土用」・小暑から立秋前日の約1ヶ月の「暑中の期間」・梅雨明け以降の暑中の期間などがあります。

次に、残暑見舞いはいつからいつまで・9月の残暑見舞いは正しい?・残暑見舞いのお返し は9 月でも大丈夫?などの紹介をします。

 

残暑見舞いとは

 

mig

 

暑中見舞いの意味は、暑中の期間のお見舞いになります。

残暑見舞いは終わらない暑さを見舞うものになります。

暑中見舞いの返事で注意するのは、暑中見舞いか残暑見舞いになるのか時期を間違えないことです。

暑中見舞いは、土用・小暑・梅雨明けから立秋(8月6・7・8日)までに届くようにするのがマナーになります。

残暑見舞いは立秋から8月31日頃までに相手に届くようにするのがマナーになります。

残暑見舞いを相手にいつまで届くように出すのかを間違うと時期外れの9月になっていまします。

残暑見舞いのお返しが9 月になる時には一言添えることを忘れないようにしましょう。

 

残暑見舞いと9月

 

暑中見舞いは暑中期間のお見舞いの意味があるので、相手に届く時期を間違えないようにしてください。

暑中見舞いの返事や残暑見舞いの返事では、いつまでに相手に届くのかを予測して一言添えるのを忘れないようにします。

残暑見舞いが9月に入って届くようなときには、「遅くなって申し訳ありません」などの一言を添えます。

残暑見舞いのお返しを9 月に出すときには、手紙が届いていることを文の中で伝えます。

加えて、相手の近状に反応する言葉を添えると良いですね。


PAGE TOP