気胸は再発の原因、再発予防、防止対策

Sponsored Link

気胸(ききょう)は、何らかの原因で肺から空気が漏れて肺がしぼんでしまう病気です。

肺から漏れた空気が肺を圧迫して肺が外気を取り込めなくなる病気です。

肺から空気が漏れても肺の外側の肋骨があるため、空気は胸より外へは漏れません。

そのため、胸の中に溜まった空気の圧力で肺がしぼみます。

気胸の種類には4つあります。

自然気胸・続発性気胸・外傷による気胸・生理による気胸(月経随伴性気胸)です。

月経随伴性気胸は、「げっけいずいはんせいききょう」と読みます。

明確な原因がないのに発症する気胸は自然気胸です。

気胸の多くは自然気胸とされています。

自然気胸は、背が高く痩せ型の若い10代から20代男性に起こりやすく、次に多い年代は60歳代です。

体質的に肺の表面を覆っている胸膜が弱いことことから発症すると考えられています。

高齢者では、喫煙者で栄養状態が良くない場合に発症することがあります。

高齢者は肺の状態が元々良くないので治療期間が長くなります。

自然気胸は、背が高い若い人や高齢者だけでなく、背の低い人・太った人・女性も発病するので注意が必要です。

続発性気胸は、肺気腫・肺がん・肺繊維症などの肺の病気を原因とした続発性の気胸になります。

続発性気胸は、肺の病気を持っている人が多くなります。

高齢者に多い病気です。

外傷による気胸は、事故や怪我などで肋骨が折れて肺に刺さることなどを原因として発症します。

病院での治療や検査で針を刺すようなことをしても起きることがあります。

月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)は、生理の前後に発症する気胸になります。

自然気胸は女性には比較的少ないとされているので、女性の気胸の場合は月経随伴性気胸の可能性が高まります。

女性が発病する月経随伴性気胸では、外科治療やホルモン療法が行われます。

 

次に、自然気胸とは・気胸の再発・気胸の再発予防などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

自然気胸とは

 

adult-1846050__3401

 

原因不明の気胸が自然気胸と呼ばれています。

気胸の原因についてはいろいろな考えがあります。

喫煙や運動・猫背などの姿勢・気圧変化などで肺に強い負担がかかったなどの考えです。

成長期での骨の急成長に肺の成長が間に合わないために、肺が引き伸ばされてしまったことが原因とする考えもあります。

心的ストレス・睡眠不足・生活習慣を原因とする考えもあります。

自然気胸は20歳前後と60歳代の男性が多いので、

・肩や鎖骨辺りの違和感・胸痛・胸から背中の鈍痛・息苦しいなどの症状があったら病院での診察をおススメします。

次に、気胸の再発・気胸の再発予防などの紹介をします。

 

気胸の再発

 

14

 

原因が分からない気胸は自然気胸と呼ばれています。

自然気胸は20歳前後と60歳代の男性が多いようです。

喫煙と栄養状態が良くない高齢者に気胸を発病する人が多いようです。

高齢者の場合は肺の機能が元々良くないので治療期間が長期化するだけでなく、再発することが少なくないそうです。

肺気腫・肺がん・肺繊維症などの肺の病気を持っている人の気胸は再発しやすくなります。

続発性気胸は高齢者に多い病気です。

現在の医療技術では、気胸の手術後の再発を完全になくすことはできません。

次に、気胸の再発予防について紹介します。

 

気胸の再発予防

 

気胸が再発するのは、肺気腫・肺がん・肺繊維症などの肺の病気を持っている人です。

喫煙と栄養状態が良くない高齢者の気胸も再発することがあります。

肺気腫・肺がん・肺繊維症などの肺の病気を原因とした気胸は病気を治すことが大切です。

自然気胸の再発予防では、禁煙・栄養・規則正しい生活がポイントになります。

気胸の再発を防ぐには禁煙の徹底が大切です。

喫煙は、慢性気管支炎や肺気腫の原因になります。

慢性気管支炎や肺気腫は続発性気胸を引き起こすリスクを高めます。

気胸の再発を防ぐには禁煙が一番大切です。

禁煙をしてシッカリ栄養をとって規則正しい生活をすれば、気胸の再発予防ができます。


PAGE TOP