結婚式、入籍、婚姻に縁起のいい日はいつ?

Sponsored Link

結婚式や入籍・婚姻などは縁起のいい日を選ぶ人が多いようです。

縁起の良い日や開運日とは、“新しいことを始めるのに良い日”ということになります。

縁起の良い日で一番知られているのは「大安」ではないでしょうか。

縁起の良い日は「大安」の他にもあります。

「一粒万倍日」・「天赦日」・「寅の日」・「三合の原理」・「巳の日」などです。

縁起の良い日に新しいことを始めれば、素敵なことが起きるような気になりますね。

「大安」は六曜にあります。

六曜では吉凶の運勢が1日ごとに順番で巡ってきます。

先勝(せんしょう・せんかち)・友引(ともびき)・先負(さきまけ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう・せきぐち)の順になります。

六曜は中国で生まれた思想で、日本に伝わったのは鎌倉時代~室町時代と考えられています。

江戸時代には庶民の間でも六曜を吉凶・運勢を知るために用いられていたようです。

六曜が載っているカレンダーや暦も多くありますが、公共機関が作成するカレンダーには六曜は使用されていません。

「先勝」の日は、午前中は吉とされて14時~18時は凶になっています。

「友引」の日は、昼は凶ですが午前中と夕方~夜は吉になっています。

友引は大安に続く吉日といわれています。

「先負」の日は、午前中は凶で午後は吉の日です。

「仏滅」は六曜の中で最も凶の日で、婚礼などのお祝い事は避ける日とされています。

「赤口」の日は11時~13時のみ吉でその他は凶の日です。

新しいことを始めるなら「大安」ですね。

「大安」の日は一日中吉です。婚礼・入籍・婚姻・旅行・建築・開店・引越しなどは「大安」の日を選びます。

 

次に、縁起のいい日のこと・入籍や婚姻に良い日・一粒万倍日の2018 カレンダーなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

縁起の良い日

 

shimogamo-jinjya-05

 

縁起のいい日では六曜の「大安」が良く知られています。

縁起の良い日は六曜の「大安」だけではありません。

「一粒万倍日」・「天赦日」・「寅の日」・「三合の原理」・「巳の日」などもあります。

「一粒万倍日」は、まいた種が後になって万倍になって返ってくる吉日とされています。

「天赦日」は、天がすべての罪をゆるすとされる最上の吉日とされています。

「寅の日」は、金運招来の吉日です。

「三合の原理」は、名誉・名声・金運・新発展・情運を司る吉日です。

「巳の日」は弁財天の使いである蛇が財運をもたらす吉日とされています。

次に、入籍・婚姻に選びたい大安や一粒万倍日などの吉日や2018 カレンダーの紹介をします。

 

入籍・婚姻に良い日

 

5mig

 

入籍・婚姻に縁起のいい日と考えられる日は、大安・天赦日・一粒万倍日などがあります。

「大安」は一日中吉の日なので縁起の良い日として、結婚式・入籍・婚姻に選ばれることが多いですね。

「天赦日」は日本の暦の中では最上の吉日とされています。

「天赦日」には、結婚・入籍・婚姻・結納などのお祝い事だけでなく、開業・引越しなどもおススメです。

「一粒万倍日」は天赦日と並んで縁起の良い日とされています。

「一粒万倍日」は一粒のもみが何万倍にもなって実るとされている日です。

「一粒万倍日」に借金をすると何万倍にも増えるので注意したいですね。

次に、 2018のカレンダーでの縁起の良い日を紹介します。

 

2018年の縁起の良い日

 

縁起のいい日では大安・天赦日一粒万倍日が知られています。

2018のカレンダーでの縁起の良い日を紹介します。

「大安」は六曜なので多くのカレンダーに記載されています。

天赦日を記載しているカレンダーは少ないですね。

2018年の「天赦日」は、2月1日・2月15日・4月16日・7月1日・9月13日・11月28日になります。

一粒万倍日はほぼ一週間に1日ほどの間隔であります。

2018年の最も縁起の良い日は、

「天赦日」と「一粒万倍日」が重なった2月1日木曜日・7月1日日曜日・9月13日木曜日になります。

9月13日の木曜日は「大安」も重なっているので、2018年最高の日になりそうです。


PAGE TOP