グリーンピース、スナップエンドウ、えんどう豆の違い

Sponsored Link

グリーンピースとスナップエンドウとえんどう豆は似ています。

グリーンピースとスナップエンドウの違いを知っていますか。

グリーンピースとえんどう豆の違いを知っていますか。

 

次に、グリーンピースとスナップエンドウの違い・グリーンピースとえんどう豆の違いの紹介をします。

 

スポンサーリンク

スナップエンドウ

 

vegetable_snap_endou

 

グリーンピースとスナップエンドウの違いを分かるためにスナップエンドウの紹介をします。

スナップエンドウとはアメリカから導入されたエンドウの品種です。

スナックエンドウ・スナップタイプエンドウ・スナックタイプエンドウなどいろいろな名称で呼ばれていました。

昭和58年(1983年)に農林水産省で名称が統一されてスナップエンドウになりました。

スナップエンドウの特徴はサヤが柔らかいことです。

サヤが柔らかいので、サヤと豆の両方を一緒に食べることが出来ます。

サヤは肉厚で甘みが強く美味しいですね。

さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みを楽しめます。

サウナップエンドウの天ぷらは、サクサクとした食感があるので子供にも人気があります。

スナップエンドウを食べるときのポイントは、調理前にスジを取っておくことです。

調理してからスジを取ろうとすると、スジを取るときにサヤが離れて中の豆がこぼれてしまいます。

スナップエンドウは、肉料理のつけあわせやサラダなどで食べられます。

美味しいスナップエンドウは健康・美容サポートに役立ちます。

次に、グリーンピースとえんどう豆の違いの紹介をします。

 

えんどう豆

 

endoumame01_01

 

グリーンピースとスナップエンドウの違いを分かるためにえんどう豆の紹介をします。

えんどう豆は、エンドウ(豌豆)・ノラマメなどとも呼ばれるマメ科の一・二年草になります。

グリーンピースは、えんどう豆の未熟な種子を食用とする場合の呼び名です。

サヤエンドウは未熟なサヤを食用とする場合の呼び名になります。

日本でのえんどう豆の栽培種には、ウスイエンドウ(うすい豆)・キヌサヤエンドウ・オランダエンドウなどがあります。

サヤの硬さにより、硬莢種(こうきょうしゅ)と軟莢種(なんきょうしゅ)があります。

軟莢種はサヤが柔らかく、未熟なサヤをサヤエンドウとして食べます。

成長を終えて乾燥前の生の豆をグリーンピースとして食べます。

 

グリーンピースとスナップエンドウとえんどう豆

 

グリーンピースとスナップエンドウの違いは、品種の違いになります。

グリーンピースは軟莢種(なんきょうしゅ)のえんどう豆の未熟な豆になります。

スナップエンドウは、サヤが柔らかいくサヤと豆の両方を食べることが出来る、アメリカから導入されたえんどう豆です。

グリーンピースもスナップエンドウもえんどう豆です。

えんどう豆は品種によって食べ方も変わります。


PAGE TOP