結婚祝いが遅れた場合はどうする?手紙、メッセージの書き方など

Sponsored Link

結婚祝いのプレゼント祝いを決めるのに悩んだ人も多いのではないでしょうか。

親戚・友人・会社の同僚・先輩など、結婚するカップルの好みや間柄や予算などから結婚祝いを決めます。

お祝いごとならではの、熨斗(のし)・メッセージの書き方・NGな贈り物などの結婚祝いのマナーがあるようです。

結婚祝いは、結婚する新郎新婦に向けて友人や知人から贈るプレゼントが一般的です。

結婚式や披露宴に出席しなかった友人・知人が、お祝いの気持ちを「品物で贈る」のが結婚祝いになっています。

結婚祝いを贈るときには、 新郎新婦の負担になりすぎない品物や喜ばれるお祝いを考えてください。

結婚祝いを渡す時期ですが、基本的には結婚式の前までに渡します。

結納から結婚式までの間の、大安や先勝などの吉日の午前中に、自宅まで伺って 直接手渡すのが正式な渡し方だとなっているようです。

気を付けたいのは、結婚式当日に結婚祝いを渡すことです。

新郎新婦の荷物を増やすことになるので注意してください。

 

次に、結婚祝いが遅れた場合や、結婚祝いが遅れた場合の手紙の書き方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

結婚祝いが遅れた場合

 

frame_kekkon_omedetou_yoko

 

結婚祝いは、結婚の報告を受けてから結婚式1週間前までには届けるのが一般的です。

結婚式の1週間前までに届けられなかったとき、結婚祝いを送るのが遅れた場合はどうすればよいのでしょうか。

結婚祝いは、結婚式1週間前までに届けるか配送してもらいますが、遅れた場合は結婚式後に届けます。

結婚式が終わって新郎新婦が落ち着いてから新居に持参すれば喜ばれるのではないでしょうか。

新郎新婦が結婚式後の雑務や新婚旅行が終わって、新生活が落ち着いたころに結婚祝いを送っても良いと思われます。

結婚祝いを配送するときには、お祝いの言葉と遅れてしまったお詫びの言葉を添えるのを忘れないようにしましょう。

お祝いの言葉とお詫びの言葉を添えることで気持ちが伝わると思います。

次に、結婚祝いが遅れた場合の手紙の書き方などを紹介します。

 

結婚祝いが遅れた場合の手紙

 

19723_sample

 

結婚祝いは結婚式の前までに渡すのが基本です。

結婚祝いは、基本的には結納から結婚式までの間の、大安や先勝などの吉日の午前中に自宅まで伺って直接手渡します。

遅くても結婚式の1週間前までには渡します。

もし、結婚祝いを渡すのが遅れた場合は、結婚式後に新郎新婦の新生活が落ち着いてから新居に届けるのが良いのではないでしょうか。

新居に配送してもらう時には、お詫びの言葉を書いたお祝いの手紙を添えると気持ちが伝わります。

手紙には、遅れてしまった非礼をきちんとお詫びする内容を書きます。

 

遅れてしまったお詫びの手紙

 

結婚祝いが遅れた場合のお詫びの手紙の書き方は悩みますね。

次に、結婚祝いが遅れた場合 の手紙の書き方のマナーを紹介します。

お祝いの手紙では使ってはいけない言葉があります。

結婚祝いを渡すのが遅れたお詫びの手紙に、「忌み言葉」を使ってはいけません。

お祝いの手紙を書くときには「忌み言葉」に気を付けてください。

お祝いの手紙では、「分かれる」・「切れる」・「終わる」などの別れを連想させる言葉はNGとされています。

また、「いよいよ」や「ますます」などの二重表現や重複表現も避けてください。

手紙を書くときには、「忌み言葉」を避けて結婚を祝う気持ちと遅れてしまって申し訳ない気持ちを素直に書けば問題ありません。

 


PAGE TOP