イースター(復活祭)の由来、時期、イベント情報

Sponsored Link

イースター(復活祭)の由来はイエス・キリストの復活になります。

イースター(復活祭)には、多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われます。

イースター(復活祭)には様々な習慣・習俗・行事があります。

正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ばれています。

カトリック教会では「復活の主日」とも呼ばれています。

聖公会・プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)や「イースター」と呼ばれています。

イースター(復活祭)は、基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われます。

イースター(復活祭)は年によって日付が変わる移動祝日になります。

キリスト教が優勢な国では、翌日の月曜日も休日にされていることがあります。

欧州の主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日~復活祭後の月曜日には休場します。

 

次に、イースター(復活祭) 由来・イースターの時期の注目のイースターエッグ・イースターバニーなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

イースター(復活祭) 由来

 

Czechowicz_Zmartwychwstanie

 

イースター(復活祭) 由来はイエスキリストの復活です。

十字架に掛けられて亡くなったイエス・キリストが3日後に復活したことに由来する復活祭がイースターと呼ばれています。

日本ではキリストが関係しているイベントではクリスマスですね。

しかし、キリスト教ではイエス・キリストが生まれた日であるクリスマスよりもイエス・キリストが復活したイースター(復活祭)が重要視されています。

キリスト教では、イースター(復活祭)については当初から不可欠なものとして存在していたと考えられています。

復活祭をイースターと呼ぶようになったのは随分後の話になります。

復活祭をイースターと呼ぶようになった元になったのは、ゲルマン神話の春の女神の「Eostre」に由来していると言われているとする説があります。

次に、イースターの時期の注目のイースターエッグ・イースターバニーなどの紹介をします。

 

イースター・エッグ

 

blue-wooden-surface-with-easter-eggs-frame_23-2147601979

 

イースター(復活祭) 由来はイエス・キリストの復活です。

イースター(復活祭)ではイースター・エッグとイースター・バニーが良く知られています。

イースター・エッグは、「復活祭の卵」とも言われます。

イースター・エッグ(復活祭の卵)は、復活祭に出される彩色や装飾を施されたゆで卵のことです。

見た目には動かない卵から新しい生命が生まれ出ることから、死と復活を象徴しているとされています。

イースター・エッグ(復活祭の卵)は赤く染められる事が多いようです。

赤い色は十字架上で流されたキリストの血の色であること、生命を表す血の色が復活の喜びを表すとされています。

次に、イースター時期に注目されるイースター・バニーの紹介をします。

 

イースター・バニーとイベント

 

イースター(復活祭) 由来は復活したイエス・キリストになります。

イースターの時期にはイースター・エッグやイースター・バニーが注目されます。

イースター・バニーとは、イースター(復活祭)のウサギです。

イースター・バニーは、イースター・エッグ(復活祭の卵)を運んでくるウサギのキャラクターになります。

イースター・エッグ(復活祭の卵)を運んでくるイースター・バニーは、カトリック教会・聖公会・プロテスタントの復活祭の風物詩となっている習慣になります。


PAGE TOP