「ご自愛ください」の意味と正しい使い方。上司、目上の人に使う?

Sponsored Link

「ご自愛ください」の意味を知らなければ間違った使い方になるので注意してください。 

「ご自愛ください」の表現は上司にも使えます。

只、「ご自愛ください」を風邪などの病気を患っている人に使うのは適切ではないので注意してください。

 

次に、「ご自愛ください」の意味・「ご自愛ください」を上司に使うとき・「ご自愛ください」は風邪を患っている人に使わない・「慈愛」などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

「ご自愛ください」の意味

 

gojiaikudasai-imi

 

「ご自愛ください」の意味は、自分を大切にする・自分の健康に気を付けるなどがあります。

「ご自愛ください」と書いたときには、相手に対して自分の体のことを大切にしてくださいになります。

手紙の基本構成は、頭語・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付になります。

「ご自愛ください」は手紙の「結語」になります。

手紙の末尾に書く、相手のことを気づかう日本的な美しい言葉です。

暑中見舞いなどの結語に使う場合は、「暑い日が続きますのでご自愛ください」などになります。

次に、「ご自愛ください」を上司に使う場合などを紹介します。

 

上司への手紙の注意点

 

shochumimai11

 

「自愛ください」の意味は、自分を大切にする、自分の健康に気を付けてくださいでした。

「ご自愛ください」は相手の健康を気遣う言葉なので上司にも使えます。

年齢や性別を問わないで使える丁寧な日本的な美しい表現です。

目上の人や上司に使うケースが多い言葉になります。

上司に使う時には気を付けることがあります。

「自愛」は自分の体を大切にするという意味なので、「お体をご自愛ください」と書いたら間違いになります。

もう一つは上司が病気の時には使ってはいけません。

「ご自愛」は元気な人に使う言葉です。

上司が怪我や病気などで体調を壊しているときに、手紙の結語に「ご自愛ください」を使ってはいけません。

もし、上司が怪我や病気で体調を壊しているときの結語は「1日も早い回復をお祈り申し上げます」になります。

「ご自愛ください」は健康な人に使う言葉です。

風邪などの病気の人に使いません。

 

慈愛とは

 

「ご自愛ください」の意味は、自分を大切にしてください・自分の健康に気を付けてくださいになります。

「ご自愛ください」は、年齢や性別を問わないで使える丁寧な日本的な美しい言葉なので上司にも使えます。

「ご自愛ください」は元気な人に使う結語です。

上司が風邪などの病気や怪我などで体調不良の時には使ってはいけません。

「自愛」と発音が一緒の「慈愛」がありますが、意味が全く違うので間違わないようにしてください。

「自愛」は本人自身への愛情ですが、「慈愛」は他者への慈しみの意味になります。

「ご慈愛ください」などと間違って書いてしまうと、手紙を出した私を慈しんでくださいの意味になります。


PAGE TOP