喜寿のお祝いの年齢、食事、プレゼント、祝い方、マナーなど

Sponsored Link

喜寿は77歳の長寿のお祝いになります。

長寿の祝い方では還暦の赤いちゃんちゃんこが知られていますが、喜寿のお祝いにはなにが良いのでしょうか。

77歳の長寿のお祝いの「喜寿」を迎える人は昔に比べて随分と増加しました。

最近の長寿のお祝いでは、還暦や古希よりも喜寿のほうが時代に合っているような感じがします。

喜寿のお祝いの食事や喜寿のお祝いのプレゼントなど調べてみませんか。

長寿のお祝いには、

・60歳でお祝いする還暦・70歳でお祝いする古希・77歳でお祝いする喜寿

・80歳でお祝いする傘寿・88歳でお祝いする米寿・90歳でお祝いする卒寿

・99歳でお祝いする白寿・100歳でお祝いする百寿(紀寿)があります。

そのあとにも長寿のお祝いは続いて250歳でお祝いする「天寿」もあるそうです。

 

次に、喜寿の祝い方・喜寿の食事・喜寿のプレゼントなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

喜寿と祝い方

 

71qImen0ApL__UX342_

 

60歳の還暦・70歳の古希のお祝いをしたら次は77歳の喜寿になります。

還暦のお祝いの色は「赤」古希のお祝いの色は紫です。

喜寿の長寿のお祝いの色も紫です。

喜寿という呼び方は、「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形に由来しているようです。

七を3つ重ねると七十七と読めるので「喜寿」と呼ばれるようになりました。

喜寿の祝い方で注意するのは、長寿のお祝いをされる高齢者やお祝いをする高齢者の健康状態です。

喜寿のお祝いには決まりはありません。

喜寿のお祝いをされる人の気持ちに沿った祝い方がベストだと考えられます。

高齢者の健康状態や疲労状態を考えて、長時間の祝宴や旅行などは避けたほうが無難です。

 

喜寿のお祝いの食事

 

dai1-reo

 

喜寿の長寿の祝い方には決まりはありません。

喜寿のお祝いの食事も喜寿のお祝いをされる人の好物がおススメです。

お祝いのプレゼントでは、喜寿の長寿のお祝いの色の「紫」をポイントに選ぶと良いのではないでしょうか。

自宅での喜寿のお祝いの食事では、お祝いをされる人の好物を基本に家族や皆が楽しめる料理がおススメです。

お店を予約する際は、祝いをされる本人が気兼ねなく過ごせるような個室をおススメします。

祝いをされる本人が好きなものを添えたコース料理なら皆が楽しめます。

喜寿のお祝いでは、足腰を悪くしているケースもあるのでテーブル席や掘り炬燵席をおススメします。

 

喜寿のプレゼント

 

喜寿の祝い方や喜寿の食事には決まりはありません。

77歳の喜寿になると体力差も大きくなります。

77歳でも60代のように元気な人もいれば、足腰が不自由になっている人もいます。

喜寿のお祝いをされる人を幸せにするプレゼントが喜ばれそうです。

喜寿のお祝いのプレゼントランキングでは、

・お祝いメッセージギフト・名前入りギフト・花ギフト・旅行券・お酒グッズ

・ボールペン・マッサージ器・デジタルフォトフレーム・レストランギフト

・カタログギフトなどがあるようです。

プレゼントも良いですが、子供や孫たちとの楽しい食事や会話が一番うれしいのではないでしょうか。


PAGE TOP