2018年春・秋のお彼岸はいつ?お彼岸の由来、意味

Sponsored Link

2018年のお彼岸の日やお彼岸の由来を知っていれば、「彼岸」の過ごし方も変わりそうです。

「彼岸」に到達するには修行が大切です。

煩悩と迷いの世界は「此岸」です。

「此岸」にあるものでも「六波羅蜜」の修行をすれば「彼岸」の境地へ到達できます。

「彼岸」の期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ます。

「彼岸」には「春彼岸」と「秋彼岸」があります。

春彼岸 は、 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日の合計7日間になります。

秋彼岸は、毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間になります。

 

次に、2018年の春のお彼岸と秋のお彼岸の日程とお彼岸の由来について紹介します。

 

スポンサーリンク

「彼岸」とは

 

gatag-00013515

 

サンスクリット語の「波羅密多」から「彼岸」は来ています。

「彼岸」とは悟りの世界になります。

煩悩と迷いの世界の「此岸(しがん)」にある者が修行して「悟り」の世界に到達します。

「此岸(しがん)」にある者が「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「彼岸」の境地に到達できます。

「彼岸」は、太陽が真東から上がって真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間になります。

「彼岸」の7日間の期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられています。

次に、2018年のお彼岸の日程やお彼岸の由来などの紹介をします。

 

2018年の彼岸の日程

 

hakamairi003

 

2018年の春のお彼岸の日程と秋のお彼岸の日程を紹介します。

2018年の春のお彼岸の日程は、彼岸の入りから彼岸明けの7日間になります。

「彼岸入り」は3月18日です。

春分の日の「お中日」は3月21日です。

「彼岸明け」は3月24日になります。

2018年の春のお彼岸の日程は3月18日~3月24日の7日間です。

2018年の秋のお彼岸の日程 は、彼岸の入りから彼岸明けまでの7日間になります。

「彼岸入りは9月20日です。

秋分の日のお彼岸の「お中日」は9月23日です。

「彼岸明け」は9月26日になります。

2018年の秋のお彼岸の日程は9月20日~9月26日 の7日間です。

 

お彼岸の由来

 

2018年の春のお彼岸と秋のお彼岸の日程は、春分の日をお中日とした7日間と、秋分の日をお中日とした7日間になります。

お彼岸の由来は仏教からきています。

「彼岸」とは仏教では「向こう岸」という意味です。

三途の川を挟んだ向こう側が彼岸になります。

つまり彼岸とは「あの世」のことです。

「あの世」とは、天国・極楽浄土・死後の世界などと呼ばれています。

現世(娑婆)は「此岸」と呼びます。

「此岸」とはこちらの岸のことです。

仏教では「彼岸」は西の彼方にあるとされています。

お彼岸の行事は日本独自のものです。

日本人の太陽信仰からきているのでないかと考えられています。

 


PAGE TOP