制作と製作の違いとそれぞれの意味と使い分け方法

Sponsored Link

制作と製作の使い分けは難しいですね。

制作と製作の使い方の違いを知っていれば、間違った使い方をして恥ずかしい思いをしなくても済みます。

制作と製作はどちらも「せいさく」と読みますが意味が違う熟語になります。

読み方が同じでも意味が違う熟語は間違いやすいので注意が必要です。

 

次に、制作と製作の違いの紹介をします。

 

スポンサーリンク

制作

 

aki_art01_d_02

 

制作と製作の違いを明確にするために制作の概要と使い方を紹介します。

「制作」を辞書で調べると、・芸術作品などをつくること・映画やテレビ番組をつくることなどと書いてあります。

制作の例文を紹介します。

・太宰治の「兄たち」の中には、**は異常の情熱を以て、“制作”を開始いたしました。**の文章があります。

・芥川龍之介の「夢」の中には、**りにふと“制作”慾を感じ出した。**の文章があります。

・倉田百三の「学生と読書」の中には、**学的の研究、芸文的の“制作”、厚生実地上の試験から、**の文章があります。

「制作」という熟語は創作関連に使われているようです。

 

製作

 

lgi01a201309151400

 

制作と製作の違いを明確にするために、製作の概要と使い方を紹介します。

「製作」を辞書で調べると、・道具や機械などを使って品物を作ること。となっています。

製作の例文を紹介します。

・伊藤左千夫の「去年」の中には、**一時の娯楽のため、“製作”をこころみるという、**の文章があります。

・芥川竜之介の「野呂松人形」の中には、**る芸術の作品は、その“製作”の場所と時代とを知って、**の文章があります。

・有島武郎の「片信」の中には、**リアを代表する作品を“製作”するに適していない。**の文章があります。

熟語では、製作委員会・製作図などがあります。

「製作」は具体的な物つくりで使われる熟語になります。

 

制作と製作の違いのまとめ

 

制作と製作の違いのまとめをします。

「制作」とは、芸術作品などの絵画・彫刻などをつくことになります。

「制作」は美術的なものをつくるときに使われています。

「制作」の「制」には「ととのえる」と意味があります。

テレビ番組“制作”スタッフなどの使われ方をします。

「製作」とは、工業製品などの物品や道具や機械などの実用的なものを作ることになります。

道具や機械を使って形のあるものを作る時には「製作」を使います。

製作の「製」には「こしらえる」の意味があります。

製作所で複雑な機械を製作するや、製作図を書くなどと使います。

「制作」と「製作」を使い分けている様子が分かる法律があります。

著作権法では、映画やテレビ番組などで創作活動を指すときには「制作」を使っています。

映画やテレビ番組を完成するための全体の行為は「製作」を用いています。

 


PAGE TOP