尽力の意味とビジネスでの正しい使い方、類語

Sponsored Link

尽力の正しい意味が分かれば、尽力の使い方に失敗することはありません。

尽力の類語を知っていればいろいろなビジネスシーンで使えます。

尽力や尽力の類語などの正しい意味と使い方を覚えてビジネスシーンで活かしませんか。

 

次に、尽力の意味・尽力の使い方・尽力の類語などを紹介します。

 

スポンサーリンク

尽力の意味

 

wmn0093-001

 

尽力の正しい意味が分かれば、ビジネスで尽力の使い方に失敗することはありませんね。

尽力の類語なども覚えてビジネスに役立てませんか。

ビジネスメシーンの文章では「尽力」という言葉がよく使われています。

文章の中に「尽力」という言葉がでてくると、前後の文脈からなんとなく意味を予測している人も多いのではないでしょうか。

「尽力」の正しい意味を知っていないと、自分で使うときに間違ってしまう可能性があります。

「尽力」とは、文字の通り「力を尽くす」という意味になります。

「目標を達成するために尽力する」などの文章で使います。

ビジネス現場や社内研修では、尽力という言葉を使いますが正しい使い方をマスターすることで自信をもって会話できます。

通常は「ご尽力」という言葉を「助ける」を敬語に変換する際に使います。

「尽力」の正しい意味と使い方を知らなければ、「ご尽力いただき」などの表現を使いこなせませんね。

 

尽力の使い方

 

a0002_003636

 

尽力の意味は「力を尽くす」という意味になります。

通常の尽力の使い方では「ご尽力」などの表現をします。

「ご尽力」は、

・何かのために尽くす

・目標に向けて力を出し尽くす

・努力するという意味の敬語になります。

「ご尽力」は相手を敬う言葉です。

そのため、「ご尽力」はビジネスシーンでは積極的に使用されている言葉になります。

「尽力」は「努力」という言葉と同じような意味になりますが、「努力」を使うよりも「尽力」を使った方が適切です。

「尽力」を使うことで、適切な敬語として相手にあたえる印象も良くなるのではないでしょうか。

 

尽力の類語

 

尽力の意味と尽力の使い方が分かればビジネスシーンで役立てられます。

尽力の類語を知っていれば、ビジネスシーンでいろいろ使えて助かります。

尽力の類語はたくさんありますが、行動によって使い分ける必要があります。

まじめに良心的に何かをしようとか、達成しようとする行動の中での言葉には、「試み・取り組み・ トライ・取組・奮励・試・労苦・企て・努力」などがあります。

多くの努力やエネルギーを使う言葉には「凝らす」があります。

身体的・精神的なエネルギーを使う行動では、「苦労・労力・労苦・骨折り・努力」などがあります。

努力を費やして試みる行動には、「心懸ける・勤しむ・勉める・努める・励む・奮励・心掛ける・務める・努力などがあります。


PAGE TOP