足がつる原因と足がつった時の対処方法、予防方法

Sponsored Link

足がつって困ったことがありませんか。

寝ているとき・会議中・座って仕事中・運動中・運動後・歩き疲れて立って休んでいる時などに足がつると痛くて脂汗がでます。

足がつる原因が分かれば事前に予防できますね。

足がつったときも対処方法を知っていれば安心です。

足がつる予防方法を知りたくありませんか。

足がつる症状は、運動中・仕事中・就寝中など色々な場面で起こるので困ります。

足がつった経験がある人は、就寝中・朝目覚めたとき・運動中などが多いようです。

 

次に、足がつる原因・足がつった時の対処方法・予防方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

足がつる原因

 

9-e1457674791479

 

足がつる原因を紹介します。

足がつる原因には、ミネラル不足・筋肉疲労・水分不足・下半身の冷えなどがあります。

ミネラル不足は、栄養バランスの乱れや高齢による微細栄養不足で起こります。

筋肉負荷が強い運動で筋肉疲労でも足がつることがあります。

運動前や運動後のストレッチも大切です。

運動中だけでなく夏季の日常でも水分&ミネラル補給をして、足つり予防をしてください。

次に、足がつった時の対処方法や予防方法を紹介します。

 

足がつった時の対処方法

 

yjimageJZ1FH0SM

 

足がつる原因は、ミネラル不足・筋肉疲労・水分不足・下半身の冷えなどです。

次に、足がつった時の対処方法を紹介します。

足がつった時は「脚を伸ばす」人が多いと思います。

ただ漠然と脚を伸ばしていてもこむら返りは治りません。

次に、正しい対処方法を紹介します。

足がつるこむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)の異常収縮で起きます。

足がつった時には、異常収縮した腓腹筋を伸ばすこと大切です。

腓腹筋を伸ばすには、つま先をすねのほうに引き上げるように上げて腓腹筋を伸ばします。

ふくらはぎとアキレス腱をストレッチするように、手でつま先を掴んで脛のほうに引き上げれば効果的です。

つま先をすねのほうに引き上げた状態を8秒程度キープしてからゆっくり戻します。

引き上げ&戻すの動作は痛みがなくなるまで続けます。

つま先を脛のほうに引き上げるときに“アキレス腱を伸ばす”イメージで行うと早く痛みを改善できます。

 

こむら返り(足のつり)の予防

 

足がつる原因はミネラル不足・筋肉疲労・水分不足・下半身の冷えになりますが、中高年になると動脈硬化や血行不良でこむら返りになることもあります。

足がつった時の対処方法は腓腹筋伸ばしです。

次に予防方法を紹介します。

運動時の足のつりを予防するには、運動前と運動後のストレッチが大切です。

運動前のストレッチは運動中のケガの予防になり、運動後のストレッチは筋肉の疲労回復に効果的です。

運動機会が少ない人は、運動前のストレッチは念入りに行ってください。

睡眠中に足がつる人は年齢に関係なくいますが、中高年になると多くなる傾向があります。

中高年に足がつりやすい人が増える理由は、筋肉量の減少・脱水症状・動脈硬化による血行不良・薬の副作用などです。

中高年になると、こむらがえり(足のつり)が慢性化&重症化することがあります。

こむらがえり(足のつり)は、日常生活の改善で予防できます。


PAGE TOP