バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違い

Sponsored Link

バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違いを知っていますか。

バイキング料理とビュッフェスタイルの料理は何となく分かりますが、ビュッフェとブッフェのスタイルの違いは良く分かりません。

 

次に、バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

バイキング

 

buffet_couple

 

バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違いを分かりやすくするためにバイキングの概要を紹介します。

バイキングスタイルの食事は1958年に帝国ホテルのレストランが始めました。

帝国ホテルのレストランが、好みの料理を自由に選んで食べるスカンジナビアの伝統料理様式を取り入れたときに「インペリアルバイキング」と名付けたのが始まりだとされています。

自分の好みの料理を取り分けて食べるスタイルの食事にビュッフェスタイルがありますが、バイキングスタイルは“食べ放題”なのでビュッフェスタイルとは違います。

 

ビュッフェ

 

a5ipcmblqd63h8kqd63hosenb521000

 

バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違いを分かりやすくするためにビュッフェの概要を紹介します。

ビュッフェ(buffet)は立食形式での食事という意味のフランス語です。

ビュッフェ(buffet)はビュフェやブッフェとも言われています。

フランス語のビュッフェ(buffet)は、もともと「飾り棚」を意味していました。

飾り棚に料理を並べて各自が料理を好きに取り分けて立食するスタイルのことを指していました。

ビュッフェ(buffet)スタイルの食事では、メインテーブルに並べられた料理を各自が取り分ける立食スタイルになります。

ビュッフェスタイルの料理では、並べられたビュッフェテーブル(ビュッフェボード)に行って自分が食べる分だけ皿に取り分けて食べます。

立食スタイルの食事なので、自由にビュッフェテーブルに移動して好きな料理を取り分けられます。

着席して給仕人が料理を運ぶスタイルのランチやディナーに比べるとインフォーマルなスタイルになります。

国際儀礼では立食形式のパーティが「レセプション」として開催されることが多くあります。

 

バイキング・ビュッフェ・ブッフェ

 

バイキング、ビュッフェ、ブッフェの違いをまとめます。

バイキングは、メインテーブルに並べられた料理を各自が取り分けて食べる“食べ放題”の食事スタイルになります。

バイキングスタイルの食事では、メインテーブルから取り分けた料理を自分のテーブルで座って食べます。

ビュッフェは、メインテーブルに並べられた料理を各自が取り分ける“立食スタイル”になります。

ブッフェはビュッフェ(buffet)と同じ意味です。

バイキングとビュッフェ&ブッフェの違いをまとめると、

・バイキングは“食べ放題”料理を座って食べるのに対して、

・ビュッフェ&ブッフェスタイルは立食スタイルになります。


PAGE TOP