コンサート、リサイタル、ライブの違い

Sponsored Link

コンサート、リサイタル、ライブの違い、使い方を知っていますか。

コンサート・リサイタル・ライブは同じ音楽活動でも少しずつ違います。

 

次に、コンサート、リサイタル、ライブの違い、使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

コンサート

 

?????????

?????????


 

コンサート、リサイタル、ライブの違い、使い方を知るためにコンサートの概要を紹介します。

コンサートとは演奏会全般を指します。

コンサートと聞いて思い浮かぶのはクラシックコンサートなどでしょうか。

リサイタルやライブでは歌が含まれることもありますが、広い意味ではリサイタル・ライブ・音楽フェスティバルなどの音楽イベント全てがコンサートになります。

音楽ホールでの生演奏を行わない音楽イベントでも、フィルムコンサートなどとコンサートという名称を使用します。

しかし、音楽の生演奏を伴うバレエやミュージカルではコンサートという名称を使うことはありません。

コンサートは通常は収容観客数が多いホールで行われます。

日本には、文化的振興を図る目的でつくられたコンサートホールが全国各地にあります。

コンサートホールは高いレベルの音響設備を整えていて収容観客数も多いのが特徴です。

ライブハウスや野外音楽堂と比べるとコンサートホールの収容人数は多く、収容観客数1000人を超える規模もたくさんあります。

 

リサイタル

 

11411

 

コンサート、リサイタル、ライブの違い、使い方を知るためにリサイタルの概要を紹介します。

リサイタルはコンサートに含まれます。

クラシックコンサートのように多人数の演奏とは違い、一人のアーティストが会場で生独奏や独唱を行うケースでリサイタルという名称が使われます。

リサイタルというと演歌歌手などを思い浮かべますが、ベテラン歌手だけがリサイタルをするわけではありません。

リサイタルはアーティストの告知で行われます。

リサイタルとコンサートという名称を分けるのは、独演と多人数の演奏の違いではないかと考えられます。

例えば、演歌歌手・ポップス歌手・シャンソン歌手のリサイタルでは歌手の独唱がメインになります。

歌手の独唱では、多人数のバックバンドやオーケストラが演奏しますが、主役は演歌歌手・ポップス歌手・シャンソン歌手なのでコンサートという名称を使いません。

演奏会でもリサイタルとコンサートを使い分けることがあります。

楽器演奏では、ピアノやバイオリンの独奏のときにリサイタルの名称をつかいます。

音楽家が楽器を独奏するリサイタルでは、コンサートホールを演奏会場にすることがあります。

コンサートホールを使った演奏会でも、音楽家の独奏の時はコンサートではなくリサイタルという名称が使われることが多いようです。

 

ライブ

 

コンサート、リサイタル、ライブの違い、使い方を知るためにライブの概要を紹介します。

ライブもコンサートの中に含まれる演奏会です。

ライブは生演奏や生歌唱に限定されることが特徴です。

生演奏や生歌唱を楽しみたい人にはライブを楽しんでください。

生歌唱を聴かせる、アーティストやロックミュージシャンなどのライブは人気があります。

ライブという呼び方にはコンサートという言葉よりも活動的な雰囲気があるので若いアーティストには好まれているようです。

生演奏や生歌唱だけでなく、テレビニュースでもライブという表記が見られることがあります。

テレビニュースでのライブの意味は生中継を指しています。

ライブではコンサートホールを使うことが多いようです。

大都市圏には収容人数100人程度のライブハウスも多くあります。

小規模のライブハウスであれば演奏者・歌手と観客との距離が近くなるので魅力的です。


PAGE TOP