唇のヒリヒリと腫れ、痛みを早く治す方法

Sponsored Link

冬になると唇がヒリヒリしませんか。

冬になると唇が乾燥してヒリヒリすることがあります。

唇が荒れて腫れると食事も美味しく食べられませんね。

唇が荒れてヒリヒリすると食事も美味しく食べられませんが、メイクもうまくいかなくなります。

唇が荒れて痛くなる症状は口唇炎(こうしんえん)と呼ばれます。

口唇炎の原因はいろいろありますが、冬の口唇炎は乾燥を原因としていることが多いようです。

冬季は空気が乾燥しています。

室内でも暖房機器が使用することで乾燥しやすくなります。

唇の粘膜は、顔の他の皮膚に比べると角質が薄く乾燥しやすい特徴があります。

唇の表面には乾燥防止の油分があります。

唇の油分は乾燥した空気や乾燥した唇をなめることで奪われます。

唇の表面の油分が奪われて乾燥すれば口唇炎になります。

冬季に室内で過ごす時は加湿器などを使って少しでも乾燥を防ぐようにしたいですね。

就寝時は保湿クリームやマスクをして就寝れば唇の乾燥を予防できます。

唇の粘膜が剥がれて口唇炎になるとヒリヒリとした痛みや痒みが出てきます。

口唇炎を悪化させると、保湿するだけでは改善できなくなるので注意が必要です。

 

次に、唇のヒリヒリの原因や唇のヒリヒリ・腫れの改善方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

唇のヒリヒリ

 

20140501_333_250_3840

 

唇のヒリヒリや腫れの原因にアトピー性口唇炎があります。

アトピー体質の人の唇のヒリヒリは、アトピー性口唇炎に注意してください。

アトピー性口唇炎も唇の乾燥がきっかけになるようです。

アトピー体質の人は唇の乾燥に気を付けてください。

保湿クリームで保湿してアトピー性口唇炎を予防してください。

アトピー性口唇炎では、市販のリップクリームなどに含まれる成分が刺激になるケースもあるので注意が必要です。

アトピー体質の人は、医師の診察を受けてから適切な薬を処方してもらいましょう。

口唇炎になったら、ワセリンが良さそうです。

ワセリンには不純物が入っていないので、唇の保湿と保護に使えます。

 

剥離性口唇炎

 

t02200220_0400040013224442703

 

唇のヒリヒリの原因に栄養不足があるようです。

食生活の乱れが原因の唇のヒリヒリ・腫れは食生活を改善することでケアできます。

乾燥などの理由がないのに急に唇が荒れてきた人は、食生活の乱れによる栄養不足が考えられます。

口唇炎の原因にビタミンB2・ビタミンB6不足があります。

ビタミンB2・ビタミンB6が不足すると剥離性口唇炎を発症しやすくなるようです。

剥離性口唇炎を発症すると、黄褐色のかさぶたができて皮がめくれたりします。

剥離性口唇炎の改善には、バランスよい食事と十分な睡眠です。

剥離性口唇炎を原因とした痛みや痒みが強いときにはステロイド剤が処方されることがあります。

 

口唇ヘルペス

 

唇のヒリヒリには口唇ヘルペスも考えられます。

口唇ヘルペスによるヒリヒリや腫れの原因は生活習慣の乱れです。

ストレスや疲労を原因として口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによる感染です。

口唇ヘルペスでは唇の周りに小さな水泡ができます。

口唇ヘルペスは、かゆみとヒリヒリの痛みがあります。

口唇ヘルペスは何度も繰り返し発症するので注意が必要です。

仕事でのストレス・疲労の蓄積は口唇ヘルペスの発症に関係があります。

生活リズムの乱れの改善と抗ウィルス薬に効果があるようです。

体の抵抗力低下で再発しやすい病気なので、生活習慣の改善と病院での早めの治療をおススメします。

 


PAGE TOP