インフルエンザは秋の9月10月でも発症する?対策方法は?

Sponsored Link

日本でのインフルエンザの例年の流行時期は12~3月になっています。

インフルエンザは短期間に多くの人が感染する流行性感冒ですが9月でも感染します。

インフルエンザに10月頃に感染する人もいます。

インフルエンザは冬季だけでなく秋季にも感染するので注意が必要です。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを原因とする急性感染症になります。

3種類の季節性インフルエンザがあります。

A型・B型・C型の3種類のインフルエンザウイルスは全ての年齢層に感染します。

毎年、世界中で繰り返し流行しています。

季節性インフルエンザは日本などの温帯では毎年のように流行します。

通常の感染時期は11月下旬~12月上旬頃に発生して、12月下旬~3月期間にピークがあり4~5月には沈静化するパターンが多いようです。

インフルエンザは冬季だけに流行する感染症ではありません。

インフルエンザに9月に感染した人もいます。

インフルエンザが夏季や秋季の10月に流行することもあります。

インフルエンザに夏季や秋季に感染するのを知らない人も多いようです。

 

次に、インフルエンザのことを紹介します。

 

スポンサーリンク

インフルエンザの感染時期

 

infuruenza07_b_03

 

インフルエンザの感染時期は冬季だけではありません夏季の9月でも感染します。

インフルエンザには夏季・秋季の10月でも感染するので注意が必要です。

インフルエンザウイルスに感染しても夏季や秋季であれば夏風邪と勘違いします。

インフルエンザの流行は、多数の病欠による生産性低下などで社会的コストも大きくなるので予防が大切です。

インフルエンザウイルスの感染経路は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染と接触感染です。

 

インフルエンザと予防

 

2015-01-08_103936-336x313

 

インフルエンザの流行は12月~3月頃ですが、インフルエンザの9月感染もあります。

インフルエンザウイルスには10月でも感染します。

インフルエンザウイルスは夏季や秋季にはいないと思うのは間違いです。

体調不良になって免疫力が低下する季節の変わり目などは、インフルエンザウイルスには気を付けなければいけません。

インフルエンザウイルスは、一般的には経口・手洗い・うがいなどの対策が有効です。

 

インフルエンザと風邪の違い

 

インフルエンザと風邪の違いを紹介します。

風邪は様々なウイルスに感染して発症します。

風邪の症状は、のどの痛み・鼻汁・くしゃみや咳等になります。

インフルエンザのように、全身症状や発熱もないので重症化することは普通ではありません。

インフルエンザウイルスによるインフルエンザの症状は、38℃以上の高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感等の症状が急速に現れます。

風邪と同じく、のどの痛み・鼻汁・咳等の症状もあります。

子供は重症化して急性脳症に、高齢者は重症化すると肺炎を伴うことがあります。

インフルエンザウイルスは9月でもいます。

インフルエンザには10月でも感染します。

インフルエンザに感染しないためには、冬季だけでなく夏季や秋季でも生活習慣・食習慣に気を付けて免疫力を高めることが大切です。


PAGE TOP