風疹と麻疹の違い。予防接種の料金、副作用は?

Sponsored Link

風疹と麻疹は予防接種を行うことで100%防げる病気です。

風疹(ふうしん)はウイルス感染症の一種です。

風疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患になります。

風疹は、日本では“三日はしか”と呼ばれています。

風疹の伝染力は水痘(水疱瘡)や麻疹(はしか)より弱くなっています。

風疹に感染するのは小学生が多く、効果的な治療法は無いので症状に応じた対症療法がとられています。

風疹ウイルスに感染する前に、ワクチンによる予防接種を受けるのが最も適切です。

麻疹(はしか)もウイルス感染症の一種になります。

麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患になります。

麻疹ウイルスに感染する前に、ワクチンによる予防接種を受けるのが最も適切です。

世界では、予防接種の実施で麻疹による死亡を2000~2013年間で75%減少させた実績があります。

現在では、世界児童のおよそ85%はワクチンの予防接種を受けているとされています。

麻疹を発症した場合効果的な治療法はありません。

麻疹も風疹と同じく対症療法しかありません。

風疹や麻疹に感染しないためにはワクチンの予防接種を受けるのが最も良さそうです。

 

次に、風疹と麻疹の違い・風疹と麻疹の予防接種の料金・副作用などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

風疹と麻疹の違い

 

o2803384013892882495

 

風疹(ふうしん)と麻疹(はしか)はウイルスによる急性熱性発疹性疾患になります。

風疹と麻疹の違いは、感染するウイルスの違いになります。

風疹は風疹ウイルスに感染することで発症します。

麻疹は麻疹ウイルスに感染することで発症します。

風疹ウイルス・麻疹ウイルスに感染して急性熱性発疹性疾患しても効果的な治療法はありません。

風疹も麻疹も対処療法になります。

風疹と麻疹を発症しないためには、ワクチンの予防接種を受けるのが良いですね。

ワクチンの予防接種で100%ウイルスの感染を予防できます。

 

風疹と麻疹の予防接種の料金

 

220150507132438

 

風疹ウイルスと麻疹ウイルスに感染して急性熱性発疹性疾患を発症しても、効果的な治療法はありません。

風疹も麻疹も対処療法になります。

風疹と麻疹を防ぐには、予防接種をおススメします。

生後1歳を過ぎた乳児は定期予防接種として麻しん風しん混合ワクチンを接種できます。

大人の予防接種の場合は、近所の医療機関(内科・婦人科・小児科等)で自費接種することになります。

予防接種の費用は、平均8000~10000円程度になっています。

 

ワクチンの副作用

 

風疹と麻疹予防のためには、麻しん風しん混合ワクチンを接種するのが最も適しています。

麻しん風しん混合ワクチンには副作用がでる人がいます。

一般的には接種直後から翌日にかけて発熱・発疹がでてすぐに治まります。

その他の副反応も接種後5~14日間に一時的にみられることがあります。

麻しん風しん混合ワクチンの副作用には、発熱・発疹・赤み・腫れ・リンパ節の腫れ・アナフィラキシー・急性血小板減少性紫斑病・脳炎・けいれんなどがあります。

 


PAGE TOP