グレープフルーツ(ジュース)と薬は相性が悪い理由

Sponsored Link

グレープフルーツ果汁で薬を飲んではいけません。

グレープフルーツ果汁と風薬やグレープフルーツ果汁と頭痛薬(ロキソニン等)の飲み合わせには注意が必要です。

グレープフルーツの果汁に含まれている成分と、薬に含まれている成分が反応して副作用につながることもあります。

薬は水や白湯で服用しましょう。

グレープフルーツ果汁を薬と合わせて飲むと、薬の作用を増強することがあります。

薬の作用が増強して重篤な症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。

グレープフルーツの果汁との飲み合わせが悪い薬には、・カルシウム拮抗剤・トリアゾラム・テル フェナジン・シクロスポリンなどもあります。

最もよく知られているのは、降圧剤のカルシウム拮抗剤とグレープフルーツ果汁との併用です。

グレープフルーツ果汁とカルシウム拮抗剤を一緒に飲むことで、薬物の血中濃度が上昇して過度の血圧低下や心拍数の増加が起こります。

頭痛・顔面紅潮・めまいなどの副作用の可能性があります。

グレープフルーツ果汁とトリアゾラムの飲み合わせも注意が必要です。

睡眠剤のトリアゾラムとグレープフルーツ果汁250mlの併用では、最高血中濃度が30%上昇して催眠効果が増強したという調査結果もあるようです。

 

次に、グレープフルーツ果汁と薬・グレープフルーツ果汁と風薬・グレープフルーツ果汁と頭痛薬(ロキソニン)の飲み合わせなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

グレープフルーツ果汁と薬

 

img_spe10

 

グレープフルーツ果汁と風薬・グレープフルーツ果汁と頭痛薬(ロキソニン)の飲み合わせは注意が必要です。

特に注意すべき飲み合わせの薬には、カルシウム拮抗薬・不眠症治療薬・免疫抑制剤・高脂血症治療薬などもあります。

カルシウム拮抗薬は高血圧や狭心症等に使われている薬で、・カルブロック・アテレック・コニール・アダラート・ワソラン等があります。

寝つきを良くする不眠症治療薬のハルシオン(トリアゾラム)とグレープフルーツ果汁の飲み合わせも注意が必要です。

 

免疫抑制剤・高脂血症治療薬

 

薬の相互作用(図2)

 

グレープフルーツ果汁との飲み合わせに注意する薬には、免疫反応を抑える免疫抑制剤もあります。

免疫抑制剤の・ネオーラル・サンディミュン・プログラフを飲んだら、グレープフルーツ果汁の摂取は避けてください。

コレステロール値を下げる高脂血症治療薬を飲んでいる人も、グレープフルーツ果汁には注意が必要です。

高脂血症治療薬の・リピトール・リポバスとグレープフルーツ果汁を一緒に飲まないように注意しましょう。

グレープフルーツ果汁と風薬・免疫抑制剤・高脂血症治療薬やグレープフルーツ果汁と頭痛薬(ロキソニン)の飲み合わせには注意が必要ですね。

 

グレープフルーツ果汁と風薬

 

グレープフルーツ果汁と高脂血症治療薬、免疫抑制剤やグレープフルーツ果汁と風薬、カルシウム拮抗薬、不眠症治療薬やグレープフルーツ果汁と頭痛薬(ロキソニン)の飲み合わせは注意しなければいけません。

薬と一緒でなければグレープフルーツ果汁を飲んでもかまいませんが、グレープフルーツ果汁の影響は十数時間あると言われています。

個人差があるので、飲み合わせが良くない薬を飲んでいる人はグレープフルーツ果汁を避けた方が適切です。

グレープフルーツと同じ柑橘類の中には薬への影響が少ない種類もあります。

薬と併用してよい柑橘類については、医師や薬剤師に確認してください。


PAGE TOP