手の指のうっ血の原因と懸念される病気と対処方法

Sponsored Link

手の指が「うっ血」が気になりませんか。

手の指の「うっ血」とは、手の指の部分に,静脈の血が異常に多くたまった状態になります。

血液の流れが妨げられて「うっ血」します。

指に輪ゴムを強く巻いたことはありませんか。

輪ゴムで血の流れが悪くなって紫色になった人も多いのではないでしょうか。

「うっ血」の解消には、血液の流れをスムーズにすることが大切になります。

輪ゴムによる「うっ血」状態には、輪ゴムを外すことで解消できます。

指の「うっ血」は血液が正常に流れていない状態です。

輪ゴムだけでなく、重い荷物を長時間にわたって持ち運ぶ場合でも過度な圧迫になります。

重い荷物を長時間にわたって持ち運ぶときには、左右交互の手で持つ・キャスター付きカバンの使用などの工夫が必要です。

「うっ血」対策では、

・血管を強くする栄養を摂る

・コレステロールの過剰摂取予防なども大切です。

「うっ血」予防の食べ物や成分には、「納豆」・「青魚」・「ぶどう」・「昆布」・「クエン酸」・「ビタミンE」・「ビタミンC」・「タンパク質」などがあります。

 

次に、手の指のうっ血について紹介します。

 

スポンサーリンク

手の指の「うっ血」

 

4895

 

 

手の指の「うっ血」には、圧迫・内出血・冷えなどがあります。

原因不明のうっ血もあります。

圧迫・冷えなどの原因がないのに、指に突然ズキッとした痛みが走って赤紫色に出血することもあります。

原因不明の「うっ血」のケースでは、湿布を貼っているだけで腫れや内出血が引いたなどもあります。

原因不明の「うっ血」は体からのサインと考えられるので、少し様子を見て治まらないときには病院での診察をおススメします。

 

内出血による手の指の「うっ血」

 

E58699E79C9F20320(1)-5c6fe

 

 

圧迫していないのに手の指が「うっ血」した場合では、指の血管が切れている可能性もあります。

内出血をしている場合の「うっ血」では冷やしましょう。

内出血による「うっ血」ではその部分を冷やすことで改善できます。

頻繁に血管が切れて内出血を起こす場合は、血管がもろい・加齢・病気などがあります。

深刻な病気の可能性もあるので、内出血による「うっ血が頻繁に起こる場合は病院での検査をおススメします。

 

冷えによる手の指の「うっ血」

 

手の指の「うっ血」の原因には冷えがあります。

手の指の血流が滞って「うっ血」しているケースでは、ホッカイロや湯たんぽなどで温めることで改善できます。

手の指が冷えで「うっ血」している場合には、指先を温めるよりも二の腕を温める方がより効果があります。

二の腕を温めることで血流が良くなれば血流の滞りも解消されます。

心臓から遠い指先の血流も滞りが解消には、二の腕の血液の循環改善が効果的です。

冷えによるうっ血は内臓の機能低下にも繋がるので軽く考えてはいけません。

 


PAGE TOP