腸の蠕動運動を促進する方法と食事、注意点

Sponsored Link

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、消化した食べ物を腸の中で移動させる動きです。

腸の蠕動運動で腸内の便を体外へ排出させます。

一般的には、活発な蠕動運動であれば胃腸の調子がよくて便通もスムーズです。

腸の蠕動運動が鈍い人や腸の動きが不規則な人は、便秘や下痢で悩んでいることが多いようです。

朝の排便でスッキリ感がない・オナラの出すぎ・便秘の悩みの原因には腸の蠕動運動の低下があります。

腸が活発に蠕動運動をしない場合は、便秘だけでなく健康を損なう恐れもあります。

腸の健康は免疫力の低下にも関係しています。

腸の蠕動運動の低下は、肌荒れなど美容面でも悪影響があります。

便秘や下痢の悩みの原因である腸の蠕動運動の改善は、健康と美容に関係しています。

 

次に、腸の蠕動運動を活発にする方法・腸の蠕動運動を改善する食事・腸の蠕動運動と身体の動きについて紹介します。

 

スポンサーリンク

腸の蠕動運動

 

04064

 

 

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を改善するには4つの方法があります。

・水分を摂る・適度な運動をする・朝食を食べる・規則正しい生活習慣などです。

・水分を摂る方法では、寝起きのコップに一杯の水をおススメします。

コップ一杯の水が腸の動きを活発化させます。

息切れがしない程度の軽い運動やウォーキングなどの適度な運動が腸の活発化に役立ちます。

朝食を食べることで胃腸が活発に動き始めます。

食物繊維が多い野菜・肉・魚などのバランス良い食事と良質なオリゴ糖が効果的です。

規則正しい生活習慣も腸の蠕動運動を改善します。

 

腸の蠕動運動とプルーンとアロエベラ

 

760de8d309e44c65957a88ad4e09c552_t

 

 

腸の蠕動運動を改善する食品には、プルーン・アロエベラ・味噌・プーアル茶・かんぴょう・りんごなどがあります。

プルーンには抗酸化作用があります。

プルーンに含まれる水溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にします。

また、プルーンに含まれるソルビトール(糖質)は腸内で発酵して腸の蠕動運動を活発にします。

アロエベラは、腸の蠕動運動が悪い頑固な便秘の人におススメです。

起床した空腹時にアロエベラを食べませんか。

アロエベラに含まれるアロインが腸を刺激して便秘を改善します。

アロエベラには胃腸の粘膜の傷を治してくれる作用があります。

 

腸の蠕動運動と味噌とかんぴょうとリンゴ

 

腸の蠕動運動を活発にする、味噌・かんぴょう・リンゴの紹介をします。

味噌にはメラノイジンが含まれています。

メラノイジンは食物繊維に似た働きをして便秘を改善します。

味噌には善玉菌を増や働きがあるので腸内環境を整える働きもします。

かんぴょうには2つの食物繊維が含まれています。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維が腸の蠕動運動を促進して、水溶性食物繊維が便を柔らかくします。

リンゴには、ペクチンという水溶食物繊維が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内の善玉菌を増やす作用があります。

リンゴは、腸内環境を整えるのにも最適なフルーツです。

 


PAGE TOP