背中の真ん中に痛みがある時の原因、病気、前兆

Sponsored Link

背中の痛みが真ん中にあるときには、気を付けなければいけない病気があります。

背中の痛みは内臓の病気を原因としている場合があります。

背中の真ん中が痛い・背中の右側が痛い・背中の左側が痛いなどで疑われる病気も違います。

背中の右側を中心に痛い病気には、肝臓や胆のうなどの臓器の障害の疑いが考えられます。

背中の左側を中心に痛い病気には、心臓・胃・十二指腸・すい臓などの臓器の障害が考えられます。

背中の痛みが真ん中を中心に広がっているときには、筋肉痛・胸郭出口症候群・胸椎前方変位・急性腎炎・膵炎・すい臓がんなどの病気の疑いが考えられます。

 

次に、背中の痛みが真ん中を中心に広がっている場合に考えられる病気を紹介します。

 

スポンサーリンク

筋肉痛

 

3415b2529ded4aa9ef08fb788b1d9633_s1

 

背中の痛みが真ん中を中心に痛い時に疑われるのは筋肉痛です。

背中の痛みが真ん中を中心に広がっているときの筋肉通では、背中の上部から首・肩・背中にかけての範囲になります。

違和感・不快感・だるい・しびれ・鈍痛などを感じます。

原因は筋肉疲労で筋肉が固くなってしまったことです。

筋肉痛で背中の痛みが真ん中を中心に広がっているときにはストレッチが効果あります。

・背中と肩を伸ばすストレッチ

・背中の横側と脇腹を伸ばすストレッチ

・背中の上部を伸ばすストレッチなどです。

 

「胸郭出口症候群」・「胸椎前方変位」

 

image_cervical09

 

筋肉痛で背中の痛みが真ん中を中心に広がっているときは、「胸郭出口症候群」や「胸椎前方変位」の疑いもあります。

「胸郭出口症候群」になると、背中の上部や肩や腕・首から肩甲骨にかけの痛みや上肢のしびれがあります。

「胸椎前方変位」になると、背中の痛みに加えて背中を後方から押されたような圧迫感があります。

「胸椎前方変位」の原因には、上半身を後ろに反らせた姿勢・長時間の背中のマッサージなどがあります。

 

急性腎炎・膵炎・すい臓がん

 

背中の痛みが真ん中を中心に続く時には、急性腎炎・膵炎・すい臓がんの疑いもあります。

「急性腎炎」の場合、発熱と背中痛みの場所を手で軽く叩いたときに響くような痛みがあります。

「膵炎」の場合は、急激な痛みに襲われます。

背中の真ん中付近の痛みに加えて熱がでます。

膵炎は緊急を要する病気です。

激しい痛みがある場合にはスグに総合病院を受診しましょう。

「すい臓がん」の場合は、初期の場合は自覚症状がありません。

みぞおちや胃が背中の真ん中と一緒に痛みがある時に、食欲の減退や不快感は「すい臓がん」の疑いがあります。

すい臓がんは、一般的な検査では見つかりにくいので専門医に腫瘍マーカーなどで診断をしてもらう方法をおススメします。

 

 


PAGE TOP