プロペト軟膏は顔に使える?副作用は?子供に使える?

Sponsored Link

プロペト軟膏を顔に使った時の効果・プロペト軟膏の副作用・プロペト軟膏は赤ちゃんの肌でも大丈夫?などが注目されています。

プロペト軟膏とは保湿・保護・極低刺激性の薬になります。

水分を通しにくいので、皮膚の保湿・湿潤・保護に役立ちます。

プロペト軟膏には、極低刺激性なので副作用もほとんどありません。

プロペト軟膏は保湿力が高く刺激性が低いのが特徴ですが、伸びが悪くべたつきやすいというデメリットもあります。

プロペト軟膏の主成分は「白色ワセリン」です。

ワセリンは石油から精製させる油脂性の物質になります。

油脂性のワセリンは水を通さないので、皮膚にプロペト軟膏を塗ると体表に分泌された水分蒸発できません。

プロペト軟膏でフタをされている状態の皮膚表面に水分が潤い保湿作用が期待できます。

 

次に、プロペト軟膏の顔の効果・プロペト軟膏の副作用・プロペト軟膏と赤ちゃん肌への使用などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

プロペト軟膏

 

2014y11m08d_1534141911

 

プロペト軟膏の特徴は、・水を通さない・皮膚の保湿、湿潤・皮膚の保護・刺激性は低い・副作用はほとんどない・安定した物質などがあります。

プロペト軟膏の保湿性は、近年主流となっている皮膚に出来た傷は潤わせることで治すという「湿潤療法」の考えにも合います。

傷口にプロペト軟膏を塗って湿潤環境にすることで、傷の治りを早める効果も期待できます。

プロペト軟膏にはバリア機能も期待できます。

傷口にプロペト軟膏を塗れば、プロペトがバリアとなって傷口からの雑菌の侵入を防げます。

プロペト軟膏は刺激性がほとんどないので、皮膚への副作用が生じる事はありません。

 

プロペト軟膏と副作用

 

9849a01af9ec85c06c59a864bd62c968

 

プロペト軟膏を塗れば顔の保湿効果を高めます。

極低刺激性のプロペト軟膏には副作用は殆どありません。

プロペト軟膏は赤ちゃん肌にも優しいので安心してスキンケアできます。

絶対に何も起きないと言い切ることはされませんが、プロペトで副作用が生じるという事は「まずない」と考えてよいレベルだとされています。

現在までに、プロペトを塗ったことで大きな副作用が生じてしまったという症例はほとんどないとされています。

考えられる副作用では軽症の“かぶれ”があります。

 

赤ちゃん肌

 

プロペト軟膏は顔に塗っても大丈夫です。

水を通さない性質があり保湿力とバリア効果のあるプロペト軟膏は、極低刺激性なので副作用は殆どありません。

皮膚を保湿・湿潤・保護する作用があるので、プロペト軟膏は赤ちゃん肌でも安心して使用できます。

・肌乾燥が気になる人

・皮膚の傷を湿潤環境でケアしたい人

・傷を綺麗に治したい人

・汚染されやすい部位(陰部・肛門周囲)の傷を治したい人におススメの軟膏です。

 


PAGE TOP