レインブーツ(ラバーブーツ)のお手入れ方法

Sponsored Link

レインシューズ・レインブーツ(ラバーブーツ)が人気です。

0e44643a

子供の頃は簡素なデザインのゴム長靴でした。

 

男性は黒や紺のゴム長靴・女性はピンク系のゴム長靴でした。

最近のレインブーツを見るとデザインやカラーが豊富で楽しくなります。

 

気に入ったデザインのレインブーツ(ラバーブーツ)を購入したいですがお手入れ方法が気になります。

昔のデザインのゴム長靴は手入れに気を使うこともありませんでしたが。

最近のレインシューズやレインブーツ(ラバーブーツ)は素敵なデザインなのでお手入れ方法に気を使ってしまいそうです。

次に、レインシューズ・レインブーツ(ラバーブーツ)の素材やお手入れ方法などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

レインブーツ(ラバーブーツ)のお手入れ方法

レインブーツ(ラバーブーツ)は防水性だけではなくファッション性が高められた長靴の総称になっています。

防水性のあるレインシューズも人気があります。

レインブーツ(ラバーブーツ)は、従来のゴム長靴のように雨よけや泥除けなどの防水効果だけでなく、オシャレなデザインやカラーにポイントがあります。

 

レインシューズ・レインブーツ(ラバーブーツ)の素材は昔のゴム長靴のようにゴム素材だけではありません。

 

レインシューズ・レインブーツ(ラバーブーツ)の素材には、塩化ビニール・天然ゴム・合成皮革が使われています。

 

レインブーツの素材で使い心地や表情が変わります。

なんとなく見た目だけでレインブーツを選んでしまって後悔する人も多いようです。

 

レインシューズやレインブーツ(ラバーブーツ)は素材でお手入れ方法も少し変わります。

レインシューズやレインブーツの購入時には素材チェックも忘れないようにしましょう。

塩化ビニール素材のレインブーツ

1096_60354ex

塩化ビニール素材のレインブーツの特徴は、天然ゴム・合成皮革素材に比べて傷や汚れがつきにくいメリットがあります。

 

傷や汚れに敏感な人はお手入れ方法が比較的簡単な塩化ビニール素材のレインブーツをおススメします。

塩化ビニール素材のレインブーツは劣化に強いので人気があります。

 

一般的な経年変化はしますが半永久的に劣化しないという優れたレインブーツです。

 

デザインやカラーが豊富なのも塩化ビニール素材のレインブーツの魅力です。

 

欠点は、低温時に非常に硬くなるという性質があることです。

 

歩きにくい・滑りやすいというデメリットもあるので、降雪や凍結が多い地方では注意が必要です。

 

 

 

天然ゴムのレインブーツ(ラバーブーツ)

 

天然ゴムのレインブーツ(ラバーブーツ)は抜群のフィット感があるので人気があります。

 

天然ゴムのレインブーツ(ラバーブーツ)は経年劣化して汚れが取れにくくなるのでお手入れはこまめにする方法をおススメします。

 

天然ゴムや合成ゴム素材のレインブーツ(ラバーブーツ)は、非常に柔らかく伸びの良い素材で歩きやすく断熱性と防水性に高いメリットがあります。

 

天然ゴムや合成ゴム素材のレインブーツ(ラバーブーツ)は、こまめな汚れ落としなどのお手入れ方法に気を付ければいつまでもキレイに利用できます。

保存

保存

保存


PAGE TOP