閃輝暗点(せんきあんてん)の原因、予防と対処方法

Sponsored Link

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、片頭痛が起こる前に発生することが多い症状になります。

一般的には定期的に起こる場合が多い症状です。

英語名ではマイグレン・オーラ(偏頭痛オーラの意味)といいます。

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因を知ることで予防もできます。

閃輝暗点(せんきあんてん)には特徴的な視覚障害があります。

視覚障害では、突然視野の真中にキラキラした太陽を見た残像のような点が現れます

→視界の一部がゆらゆら動きだして物のゆがみや目の前が真っ暗になったりします。

→光る点はみるみる拡大します。

光る点はギザギザしたガラス片やジグザグの光線のような模様がチカチカしながら光の波広がります。

→ジグザグ光線が広がる視覚的症状は短時間に進行して、閃光と暗点は5分~40分ぐらいで広がって消えていきます。

閃輝暗点(せんきあんてん)の症状は、目を開けても閉じても起きます。

ギザギザ光線の症状が治まると続いて片頭痛が始まります。

激しい片頭痛は3~4時間続きます。

激しい頭痛時には強烈な吐き気や嘔吐などを伴うことが多いですね。

若年の閃輝暗点(せんきあんてん)の症状は、年齢が上ると共に回数も減って起こらなくなることもあるようです。

 

次に、閃輝暗点(せんきあんてん)と閃輝暗点(せんきあんてん)の原因・予防などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

閃輝暗点(せんきあんてん)での注意

 

1427938239

 

閃輝暗点(せんきあんてん)は視覚障害の後の片頭痛が特徴の病気です。

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因が分かれば予防できます。

中年時の閃輝暗点(せんきあんてん)の症状では注意することがあります。

閃輝性暗点だけの症状で頭痛がない時には、まれに脳梗塞・脳動静脈奇形・脳腫瘍や脳循環障害の疑いが考えられます。

閃輝暗点(せんきあんてん)の症状があったら病院での診察をおススメします。

中年時から始まった閃輝暗点(せんきあんてん)の症状は気を付けた方が良さそうです。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因

 

5d4b6096106891960a65afed20035e7c

 

視覚障害の後の片頭痛の症状がある閃輝暗点(せんきあんてん)が気になります。

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因が分かれば予防できます。

閃輝暗点(せんきあんてん)は、眼球の異常ではありません。

閃輝暗点(せんきあんてん)の多くは、ストレスが解放されてホッとしたときに発症することが多いようです。

閃輝暗点の原因は、脳の視覚野の血管の収縮と一時的な血の流れの変化だと考えられています。

片頭痛の原因は、頭の血管の異常な拡張と血管壁の炎症・浮腫だと考えられています。

 

閃輝暗点(せんきあんてん)の予防

 

視覚障害の後の片頭痛の症状がある閃輝暗点(せんきあんてん)は予防できます。

閃輝暗点(せんきあんてん)の原因をチェックして予防しませんか。

閃輝暗点の予防方法では、生活習慣の改善が最も適切です。

規則正しい生活に改善することで予防できます。

1日3食の規則正しい食習慣・栄養バランスの良い食生活への改善・適度な睡眠・ストレスや緊張の緩和などになります。

閃輝暗点が起こる前の生活状況をメモするなどで、発生時の原因を調べることも大切です。

生活環境や食習慣を把握することで、閃輝暗点の予防ができます。

 


PAGE TOP