妊婦の閃輝暗点(せんきあんてん)原因と対処方法

Sponsored Link

閃輝暗点は妊娠中の女性にも多いとされています。

閃輝暗点が妊娠中に起きたら辛いですね。

閃輝暗点の原因と予防について知ることで妊娠中の辛い症状に対応できます。

閃輝暗点(せんきあんてん)は誰にでも起こる可能性のある病気です。

性別や年代では、女性や十代で初めて発症する人が多いとされています。

閃輝暗点の発症は個人差があります。

頻繁に起こるケースやその頻度もいろいろです。

若年者の中には週に3回など頻繁に起こるケースもあるようです。

一般的には、年を重ねるとともに回数が減り2~3ヶ月に1回・半年に1回・1年に1回などとなるようです。

只、閃輝暗点が完治することはなく70歳代や80歳代の人でも起こっているケースもあります。

閃輝暗点は突然発症します。

普通の生活環境で皆と同じ生活習慣の人が突然、視覚障害や頭痛に悩まされます。

視覚障害では、景色がゆがんで見える・視界の一部がゆらゆら動く・視界の半分が見えなくなるなどです。

一般的な症状は、

・視界の真ん中くらいに強い光を直接見た後の残像のような黒い点が現われて目の前が真っ暗になり→

・真っ暗の中に小さくキラキラ光る点が現われ→

・キラキラ光る点が拡大して車輪のように丸くなり→

・ギザギザ&ジグザグ光線の輪がカミナリのようにチカチカしながら視界いっぱいに広がります。

両目を閉じていても、カミナリのようなギザギザ&ジグザグ光線の輪は見えます。

閃輝暗点が40分くらい続いて症状が治まった直後から片頭痛が起こります。

頭が割れそうな片頭痛の痛みは激しいのが特徴です。

激しい痛みの片頭痛は3~4時間は続きます。

強烈な痛みの片頭痛のため、強烈な吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

強烈な片頭痛のときは、静かに体を動かさないで寝ている方法がベストです。

 

次に、閃輝暗点のこと・妊娠中の女性に発症した閃輝暗点の妊娠中の注意・原因・予防などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

閃輝暗点とは

 

a0002_004055_m

 

閃輝暗点は、カミナリのようなギザギザ&ジグザグ光線の輪による視覚障害と強烈な片頭痛が時々発生する病気です。

閃輝暗点による後遺症などもありません。

閃輝暗点が重大な病気の原因であることも、出血も伝染も心配ありません。

閃輝暗点の症状が治まれば、普通の日常生活に戻ります。

カミナリのようなギザギザ&ジグザグ光線の輪による視覚障害や強烈な片頭痛がある「閃輝暗点」の症状があっても生命に危険を及ぼすことはありません。

突然の視覚障害や強烈な片頭痛は、日常生活への不安感や仕事への影響が大きくなります。

閃輝暗点が妊娠中に発生したら辛いですね。

閃輝暗点の強烈な片頭痛が起きても妊娠中であれば薬が飲めません。

閃輝暗点の原因が判れば予防ができます。

 

閃輝暗点の原因

 

lgi01a201309012100

 

閃輝暗点は強烈な片頭痛があります。

妊娠中の辛い“つわり”に片頭痛まで加わったら大変です。

閃輝暗点の強烈な光の視覚障害と強烈な片頭痛を緩和する薬を飲みたくても妊娠中であれば注意が必要です。

閃輝暗点の原因を調べて予防しませんか。

閃輝暗点が起こる原因は、脳の血管の収縮による一時的な血液の流れが脳内血管に影響を与える神経系の障害であると考えられています。

血中のセレトニンの多量放出による、脳血管の収縮と急激な拡張が強烈な視覚障害と片頭痛に影響しているようです。

ストレスの蓄積とストレスや緊張がほぐれほっとしたときに閃輝暗点が発症することが多いとされています。

 

閃輝暗点の予防

 

閃輝暗点の特徴は強烈な視覚障害と片頭痛です。

“つわり”で困っている妊娠中の女性が閃輝暗点を発症したらもっと辛くなります。

閃輝暗点が発症しても妊娠中であれば症状を緩和させる薬も飲めません。

閃輝暗点の原因には、脳の血管の収縮に関係するストレスや喫煙や経口避妊薬ピルが考えられています。

喫煙は脳の血管を収縮させるので、妊娠中の女性だけでなく閃輝暗点予防には禁煙が良さそうです。

また、経口避妊薬ピルを使用している方は「閃輝暗点」になりやすいとされています。

閃輝暗点予防には経口避妊薬ピルの使用も避けた方が良さそうです。


PAGE TOP