口、唇にできた単純疱疹(単純ヘルペス)の原因と治療

Sponsored Link

単純疱疹は“たんじょうほうしん”と読む、皮膚にできる単純ヘルペスウイルス感染症になります。

単純ヘルペスウイルスは、単純ヘルペスと呼ばれることも多いようです。

口唇にできる単純疱疹を口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)といいます。

陰部にできる単純疱疹は性器ヘルペスと呼ばれています。

性器ヘルペスは陰部ヘルペスと呼ばれることもあります。

単純疱疹の原因は単純ヘルペスウイルスです。

風邪やストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激などで単純ヘルペスウイルスが増殖することで症状を繰り返します。

単純ヘルペスウイルス自体は弱いのが特徴です。

成人の約7割は単純ヘルペスウイルスに感染しているとようです。

感染による症状が起こったときに免疫で排除できないために繰り返します。

単純疱疹は口・陰部だけでなく腕に出る場合もあります。

 

次に、単純疱疹や単純ヘルペスウイルスについて紹介します。

 

スポンサーリンク

口唇ヘルペス

 

ffc1f324

 

単純疱疹が口唇にできるのを口唇ヘルペスといいます。

口唇にできる単純疱疹の口唇ヘルペスでは、口の周囲に水ぶくれや発疹が現れます。

ぴりぴりした潰瘍ができて痛みを伴うこともあります。

口唇ヘルペスを年に何度も繰り返す人も多くいます。

口唇ヘルペスができる時は風邪で免疫力が落ちた場合などです。

口唇ヘルペスのことは「風邪の華」・「熱の華」などの俗称で呼ばれることもあります。

単純疱疹は唇周辺だけでなく、頬や顔の一部に小さなニキビのようにでることもあります。

ニキビと間違えて単純疱疹の感染に気が付かないケースが多いようです。

ニキビか単純ヘルペスウイルス感染による単純疱疹かが分からないときには皮膚科の診断をおススメします。

勝手にニキビと判断してケアをしても単純ヘルペスウイルスへの感染であれば症状は悪化します。

 

単純疱疹の検査

 

q02

 

単純ヘルペスウイルスによる単純疱疹は、口・陰部・腕・頬などに現れます。

単純疱疹の原因である単純ヘルペスウイルスに感染している人はたくさんいます。

単純ヘルペスウイルスに感染している成人は約7割いるとされています。

単純ヘルペスウイルスに感染したと感じられる単純疱疹の疑いを感じたら、皮膚科での診察検査をおススメします。

 

単純疱疹の治療

 

単純ヘルペスウイルスの感染では、発熱などの全身症状が現れることが多いのでスグに病院を受診してください。

単純ヘルペスウイルスに感染しても短期間で回復できます。

皮膚症状に対しては抗ウイルス薬の軟膏塗布で改善します。

病院で処方される、抗ウイルス薬のアシクロビル・ビダラビン・バラシクロビル・ファムシクロビルや内服による治療で回復できるので早めの治療をおススメします。

適切な治療を受ければ5日ほどで治癒します。

 


PAGE TOP