ゴースト血管の原因と食べ物、予防方法

Sponsored Link

ゴースト血管とは、血液が流れていない血管です。

血液が流れていない血管とは不思議ですね。

血管には動脈と静脈があります。

動脈と静脈のような太い血管には毛細血管がつながっています。

太い動脈や静脈と毛細血管などの血管の9割は毛細血管だと言われています。

極細の毛細血管は脆いので活性酸素や紫外線などで傷つきます。

加齢で毛細血管が老化すると酸素や栄養分を体の隅々まで送れなくなります。

傷ついた毛細血管は体に残っていても血管の役割を果たせなくなります。

酸素や栄養分を運ぶ役割を果たしていない毛細血管をゴースト血管と言います。

体にゴースト血管が増えると、身体に必要な酸素や栄養分を運べません。

毛細血管がゴースト血管になると、冷え性・病気の発症・肌のシミ・肌のシワ、たるみ、くすみ・抜け毛が目立つようになります。

ゴースト血管で発生する病気には、アルツハイマー症・脳卒中・心筋梗塞・臓器の機能障害・骨粗鬆症などがあります。

怖いゴースト血管の原因を調べて予防することで美容・健康キープできます。

 

次に、ゴースト血管の原因やゴースト血管の予防・対策やゴースト血管に効く飲み物・食べ物などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ゴースト血管と原因

 

kekkan_pc

 

ゴースト血管は、アルツハイマー症・脳卒中・心筋梗塞・臓器の機能障害・骨粗鬆症などの病気の原因や肌のシミ・シワ・たるみ・くすみなどの年齢肌の原因になります。

ゴースト血管の原因を改善してゴースト血管の予防・対策をすれば、美容・健康をキープすることができます。

現代人はゴースト血管が増えているようです。

ゴースト血管になりやすい原因には血流阻害があります。

例えば、長時間悪い姿勢を続けることで血流が悪くなります。

血流阻害がゴースト血管の原因になります。

女性で気を付けたいのは、窮屈なハイヒールのつま先の血流阻害がゴースト血管になることです。

スタイル矯正などの機能がある体を締め付ける服やパンツや下着も血流を悪くすのでゴースト血管になる可能性があります。

毛細血管を圧迫して血流を阻害することで、血流をコントロールする筋肉が機能不全になります。

血流をコントロールする筋肉は「スフィンクター」と呼ばれます。

スフィンクターの機能不全の原因には毛細血管の圧迫だけでなくストレスなどもあります。

 

ゴースト血管の予防・対策

 

img01

 

ゴースト血管の予防・対策はゴースト血管の原因となる血流阻害を改善することです。

毛細血管の血流をコントロールする「スフィンクター」の機能をキープすることでゴースト血管を防げます。

ゴースト血管を予防するには効果のある食べ物や飲み物を摂取する方法もありますが、「スフィンクター」を鍛えるのも効果的です。

「スフィンクター」を鍛える方法は「温冷法」です。

毛細血管がある部分を温める・冷やすを繰り返し刺激することで「スフィンクター」を鍛えられます。

 

ゴースト血管に効く飲み物・食べ物

 

ゴースト血管になる原因には、毛細血管の圧迫やストレスがあります。

「スフィンクター」機能の衰えがゴースト血管に繋がります。

温冷法でスフィンクターを鍛えられますが、血管の老化を予防する食べ物や飲み物を摂取するのも効果があります。

血管の老化を防ぐ食材は「シナモン」です。

「シナモン」には毛細血管を安定させる働きがあります。

「シナモン」は料理に入れても飲み物に入れても効果があります。


PAGE TOP