眠くなるとあくびと涙が出る理由。あくびが止まらない時の対処法は?

Sponsored Link

あくび(欠伸)がでる理由が分かれば、あくび(欠伸)の時に涙が出る理由や、あくびが止まらない時の対処法などを知ることもできそうです。

仕事中・会議中や授業中などで、あくび(欠伸)が出て困ったことはありませんか。

絶対あくびができないときに限って、大きなあくびがでて困ってしまいます。

昨夜はぐっすり眠れたのに、それほど疲れていないはずなのに、欠伸がでる理由が分からない場合もあります。

十分睡眠時間は取っているのに、日中のあくび(欠伸)と眠気に悩まされている人もいます。

あくび(欠伸)は、睡眠不足や疲れからでるだけではありません。

家族があくび(欠伸)をして冷汗をかいているのに気付いたことはありませんか。

あくび(欠伸)と一緒に、頭痛・めまい・吐き気などがあったら病院での診察が必要なようです。

あくび(欠伸)と冷や汗・頭痛・めまい・吐き気が合わさると、思わぬ病気が隠れていることもあります。

変なあくび(欠伸)がでたら、迷わず病院での診察をおススメします。

 

次に、あくび(欠伸)の理由が病気の場合・欠伸の理由が日常生活の場合・あくび(欠伸)の涙・あくびが止まらない時の対処法、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

あくび(欠伸)の理由が病気の場合

 

akubi_utsuru

 

あくび(欠伸)の理由には、病気による原因と日常生活での原因があります。

病気を原因とした欠伸には、慢性的な病気を原因とする場合と、急な病気を原因とする場合があります。

欠伸がでる慢性的な病気には、「睡眠障害」・「睡眠時無呼吸症候群」・「自律神経失調症」・「貧血」などがあります。

欠伸がでる急な病気には、「低血糖」・「熱中症」・「片頭痛」・「脳梗塞」などがあります。

欠伸がでる慢性的な病気の「睡眠障害」とは、自分では睡眠時間を確保しているつもりでも、眠りの質が低く体や脳が休めていないことです。

「睡眠障害」には、寝つきが悪い・寝てもすぐに目覚める、などがあります。

「睡眠時無呼吸症候群」とは、睡眠中に息が止まることで体内の酸素不足で体や脳が休めない状態です。

「睡眠時無呼吸症候群」は、肥満体形の人・上向きで寝る人・扁桃腺が腫れている人・寝酒を飲む人、などが多いとされています。

欠伸の原因の急な病気には「低血糖」があります。

「低血糖」による欠伸は、糖尿病のために血糖値を下げる薬を飲んでいる人などが多いようです。

冷汗と欠伸を繰り返している時には低血糖の疑いがあります。

低血糖で血糖値が下がり過ぎると意識を失うこともあるので注意が必要です。

「熱中症」でも欠伸がでることがあります。

欠伸と吐き気があって、意識がもうろうとしてきたら早急に病院の受診をおススメします。

欠伸は「脳梗塞」にも関係しています。

「脳梗塞」は、脳の血管が詰まって脳の機能が低下する病気です。

欠伸に加えて、麻痺・痺れ・無感覚・しゃべれない・めまい・吐き気がでたら、スグに病院での受診をおススメします。

次に、欠伸の理由が日常生活の場合・あくび(欠伸)の涙・あくびが止まらない時の対処法、などの紹介をします。

 

あくび(欠伸)と日常生活 

 

3663193791_de614ff224_o

 

あくび(欠伸)がでる理由には、日常生活も関係しています。 

日常生活では、「寝不足」・「酸素不足」・「疲労」などが欠伸の原因として考えられます。

寝不足解消の為には、寝る前のスマホ・カフェイン・アルコール・熱めの風呂を避けることが大切です。

照明や温度などの環境を整えてリラックスして寝ることで、寝不足を解消することができます。

日常生活でも「酸素不足」になると欠伸がでます。

酸素不足を原因とした欠伸の解消には、部屋の空気の入れ替え・ストレッチ・背筋を伸ばすなどがあります。

日常生活を改善しても欠伸に悩まされる場合は、病院での診察をおススメします。

次に、あくび(欠伸)の涙のあくびが止まらない時の対処法を紹介します。

 

あくびが止まらない時の対処法

 

あくび(欠伸)がでる理由には、病気による場合と日常生活を原因とする場合があります。

あくび(欠伸)は、脳を睡眠状態から覚醒状態にする時に出ると考えられています。

絶対に寝てはいけない場面で欠伸が繰り返されるのは、寝てはいけないタイミングだからです。

その為、重要な会議や大切なプレゼンなどの重要場面で欠伸がでます。

重要な場面で欠伸がでるのは仕方のないことです。

あくび(欠伸)がでると涙も一緒にでることがあります。

欠伸で涙が出るのは、顔の筋肉が関係しているようです。

欠伸をすることで、「涙のう」が顔の筋肉に押さえつけられて涙がこぼれると考えらえています。

日常生活であくびが止まらない時の対処法には、睡眠時間の確保・仮眠・ストレスの発散・軽い運動があります。


PAGE TOP