換気扇の掃除の効果的な仕方と頻度

Sponsored Link

キッチン周りの汚れの中でも厄介なのは、油汚れでベトベトになったしまった換気扇ですね。

マメに手入れをしていれば大変なことにはならないのですが、忙しい生活をしているとこまめに掃除するのも大変です。

換気扇の油汚れが気になりませんか。

換気扇のお掃除は「大変」で「面倒」というイメージがあるので、なかなか掃除を始めるのも大変です。

換気扇の掃除の仕方を知っていれば、気分的にも時間的にも楽になります。

換気扇の油汚れは正しい方法でお掃除すれば意外と簡単だとされています。

ゴシゴシ力を込めてこすったり、特別な洗剤を準備する必要もないようです。

換気扇の油汚れを落とす方法やその手順・換気扇の掃除の頻度なども知っていれば役立ちそうです。

 

次に、換気扇の汚れを落とす方法・換気扇の掃除の仕方・換気扇の掃除の頻度などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

換気扇の汚れを落とす方法

 

pixta_18815393_S-690x388

 

換気扇の油汚れを落とす方法がいくつかあります。

換気扇の油汚れをスッキリピカピカにするには、換気扇の汚れの「油」の正体をシッカリ理解することがポイントになります。

換気扇の掃除の仕方には、

・食器用台所洗剤+重曹を使う

・キッチンの換気扇の油汚れ落としにセスキ炭酸ナトリウムを使う

・キッチンの換気扇の油汚れ落しに石鹸を使う

・市販のキッチン換気扇専用の洗剤を使う

・お湯を使った換気扇の油汚し、などがあります。

次に、キッチンの換気扇の油汚れを、食器用台所洗剤+重曹で落とす方法を紹介します。

食器用台所洗剤と重曹を合わせることで、換気扇のしつこい油汚れをスッキリできます。

重曹は家庭のお掃除の際によく使われるアイテムです。

重曹は、炭酸水素ナトリウムのことです。

重曹は安心・安全な成分で、料理・スキンケアにも使うことができます。

重曹は安価で入手しやすいので、常備しておきたい万能アイテムです。

「食器用洗剤の界面活性剤」と「重曹のアルカリ性」が油と化学反応を起こして油汚れを落とします。

界面活性剤と重曹のアルカリ性で、油汚れ自体が石鹸のような成分に変わります。

頑固な油汚れには、「食器用台所洗剤+重曹」の水を含ませた布で塗布後に、しばらく放置してから拭き取ると効果的です。

次に、セスキや石鹸を使った換気扇の掃除の仕方・換気扇の掃除の頻度などの紹介をします。

 

セスキを使った換気扇の掃除の仕方 

 

セスキアイキャッチ

 

セスキを使った換気扇の掃除の仕方を紹介します。

セスキとは、セスキ炭酸ナトリウムのことです。

セスキ炭酸ナトリウムは、重曹に比べるとアルカリ性がやや高くて水に溶けやすい性質があります。

セスキ炭酸ナトリウムは、油汚れに効果を発揮するので換気扇やキッチンの油落としの掃除にはおススメのアイテムです。

セスキ(セスキ炭酸ナトリウム)は、肌に優しいので素手で触っても比較的安心なアルカリ剤です。

水に溶けやすい性質があるので、手荒れが気になる冬場はセスキ水をスプレーにして使うのがおススメです。

水500ml程度に小さじ1杯程度のセスキ(セスキ炭酸ナトリウム)を混ぜてセスキ水をつくります。

セスキ水は沸騰させれば汚れ落ち効果が強力になります。

セスキ(セスキ炭酸ナトリウム)が沸騰すれば、「炭酸ソーダ」という油汚れに超効果的な強アルカリ性の成分に変化するのが理由です。

セスキ(セスキ炭酸ナトリウム)を沸騰させるときの注意点は、アルミ製の鍋ややかんを使わないことです。

アルミ製の鍋ややかんを使用すると黒ずんでしまいます。

換気扇の掃除の頻度を考えるよりも、こまめにセスキ水のスプレーを使った短時間掃除をするのがポイントです。

次に、石鹸を使った換気扇の掃除の仕方・換気扇の掃除の頻度などの紹介をします。

 

石鹸を使った換気扇の掃除の仕方

 

石鹸を使った換気扇の掃除の仕方を紹介します。

石鹸は油汚れに効果を発揮します。

石鹸の主成分は脂肪酸ナトリウムなので油落としには最適です。

脂肪酸ナトリウムが油汚れにくっついて、脂肪酸ナトリウムが水に溶けて汚れを引き剥がします。

換気扇専用のクリーナーよりも、石鹸を使ったほうが換気扇の油汚れに効果的だという意見もあります。

換気扇の油落としにおススメなのは粉石鹸です。

換気扇の油汚れには、固形や液体のものより粉石鹸がおススメです。

粉石鹸に漂白剤を混ぜて歯ブラシでこすってください。

換気扇の頑固な油汚れがビックリするほどピカピカに落とせます。

粉石鹸を熱湯に入れて石鹸液をつくって、つけ置き洗いをする方法もおススメです。

粉石鹸を使った換気扇の掃除の頻度は、料理の種類によっても油汚れの程度は変わるので気になった時で良いのではないでしょうか。


PAGE TOP