赤ちゃんの虫除けに蚊取り線香って大丈夫?舐めた時はどうする?

Sponsored Link

夏が近づくと、急に増えてくる蚊に悩まされます。

シッカリ窓を閉めていても、気付けば部屋の中に蚊が入っていることがあります。

赤ちゃんが刺されると赤く腫れ上がってしまいます。

赤ちゃんの赤く腫れた肌を見ると、とても可哀想な気持ちになります。

蚊の退治に活躍するのは蚊取り線香です。

モクモクとした煙と独特のにおいの蚊取り線香は、他の虫除けに比べても効き目が期待できます。

赤ちゃんに、蚊取り線香の煙は本当に安全なのか気になっているママも多いようです。

赤ちゃんの虫よけに蚊取り線香を使っている人はどの程度いるのかも気になります。

赤ちゃんが、もし蚊取り線香を舐めたらと気になって、蚊取り線香を使っていない人もいるようです。

蚊取り線香に含まれる成分を確かめて安全性について分かっていれば安心して使えますね。

蚊取り線香だけでなく、赤ちゃん用の虫除けを知っていれば役立ちそうです。

 

次に、赤ちゃんと蚊取り線香・赤ちゃんが蚊取り線香を舐めたら・赤ちゃん用の虫除け、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんと蚊取り線香

 

ed47cd7b9c71b51b415956c7071e4a46_t

 

赤ちゃんの虫よけに蚊取り線香を使ってもよいのか気になりますね。

一般的な蚊取り線香の殺虫成分はピレスロイドです。

ピレスロイドという成分は、スプレー式の殺虫剤にも使われています。

ピレスロイドは、除虫菊(シロバナムシヨケギク)の花に含まれている天然殺虫成分に似た化合物です。

蚊などの害虫の神経にピレスロイドが作用して、麻痺させることで蚊を退治します。

ピレスロイドの効果は、速効性があることです。

蚊が嫌がって近づかないようにしたり、蚊を追い出す効果が期待できます。

害虫の蚊を殺虫するほどの威力がある蚊取り線香の煙が、赤ちゃんに害が無いのか気になります。

蚊の神経にピレスロイドが作用するなら、赤ちゃんの神経にもピレスロイドが作用するのではと考えるママも多いようです。

蚊取り線香の煙に含まれているピレスロイドは、哺乳類や鳥類などには害が少ない特徴があります。

ピレスロイドを含む蚊取り線香の煙は、殺虫剤の中でも比較的安全とされています。

ピレスロイドは、人の体内に入ってもスグに分解されて体外に排出されます。

体内だけではなく自然の中の光や空気などに触れると、ピレスロイドは分解されてなくなる特徴もあります。

次に、赤ちゃんが蚊取り線香を舐めたら・赤ちゃん用の虫除け、などの紹介をします。

 

赤ちゃんが蚊取り線香を舐めた!

 

赤ちゃんには、蚊取り線香の煙は安全です。

蚊取り線香の煙が、蚊を退治した後は害のないものとして消えていきます。

蚊取り線香は、環境にも赤ちゃんにも優しい殺虫剤です。

赤ちゃんが蚊取り線香を舐めたら!びっくりしますね。

蚊取り線香に含まれている殺虫成分のピレスロイドは、哺乳動物の体内に入ってもすみやかに分解・排泄されます。

赤ちゃんが間違って舐めても心配はありませんが、様子を見て心配な場合は医師の診察を受けてください。

次に、赤ちゃん用の虫除けを紹介します。

 

赤ちゃん用の虫除け

 

422d160a1ca53c330a496aa0a322e946

 

赤ちゃん用の殺虫剤なら蚊取り線香が安全です。

赤ちゃんが、もし蚊取り線香を舐めた場合でも、殺虫成分は分解・排泄されるので心配ありません。

蚊取り線香の他の赤ちゃん用の虫除け商品には、直接肌につけるタイプと、間接的に使うタイプの2つがあります。

直接肌につけるタイプの虫よけは、肌が露出している部分をシッカリガードできるメリットがあります。

直接肌につける虫よけグッズには、スプレー・ミスト・ジェルタイプがあります。

間接的に使う虫よけグッズには、シール・バンド・吊り下げタイプがあります。

バンドや吊り下げタイプは、赤ちゃんの腕やベビーカーなどに付けることができるので便利です。


PAGE TOP