ポリエステルとアクリルの違い。どっち肌触りが良い?暖かい?

Sponsored Link

ポリエステルとアクリルの違いを試したことがありますか。

ポリエステルとアクリルの毛布や服の肌触りはどちらが好きですか?

暖かいのはポリエステルとアクリルのどちらなのでしょう。

 

次に、ポリエステルとアクリルの違い・ポリエステルとアクリルの肌触りなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ポリエステル

 

51wJ91ZzTTL_SS400

 

ポリエステルとアクリルの違いを分かるために「ポリエステル」の概要を紹介します。

ポリエステルの英語表記は「polyester」です「PEs」の表記もあります。

ポリエステルは、多価カルボン酸(ジカルボン酸)とポリアルコール(ジオール)との重縮合体になります。

ポリアルコールと多価カルボン酸を反応させて作られています。

最も多く生産されているポリエステルは、テレフタル酸とエチレングリコールから製造されるポリエチレンテレフタラート(PET)です。

ポリエステルは、繊維・フィルム・容器など広く利用されています。

ポリエステルは経済性に優れた樹脂として多くの製品に使われています。

飲料容器としてペットボトルが広く知られています。

ポリエステルは、繊維として耐熱性・強度や、染色性に優れています。

現在生産される天然繊維を含む衣料用繊維の半数近くは「PET」です。

ポリエステルは種々の特性を持った合成繊維を作ることが可能です。

例えば、溶融糸法紡績する際に糸の形状に変化を与える・抗菌素材を練りこむなどです。

次に、アクリルのこと・ポリエステルとアクリルの肌触りについて紹介します。

 

アクリル

 

71ynacQlRLL__UX342_

 

ポリエステルとアクリルの違いを分かるために「アクリル繊維」の概要を紹介します。

アクリル繊維は、アクリロニトリルを主原材料にした合成繊維のことです。

アクリル繊維の特徴は柔らかい風合いです。

羊毛に似せて科学的に作られたのでセーターや毛布の製造に多く使われています。

アクリル繊維は毛糸としても販売されています。

手芸店や100円ショップなどでも、アクリルの毛糸が売られています。

アクリル繊維の弱点は温度変化に弱いことです。

温度変化に弱いので織物にはアクリル繊維を使いません。

アクリル繊維は簡単な技術で生産が可能なことから、中後進国での生産量が増加傾向にあります。

次に、ポリエステルとアクリルの肌触りなどメリット・デメリットを紹介します。

 

ポリエステルとアクリルの肌触り

 

ポリエステルとアクリルを比較した違いを紹介します。

ポリエステルもアクリルも強度が高く軽いというメリットがあります。

ポリエステルのデメリットは静電気を発生しやすいことです。

ポリエステルは耐熱性がよく縮みにくい特徴があります。

アクリルは着色性や耐光性に優れています。

また。アクリルは変色しにくく防虫性も高いので虫食いの心配がありません。

アクリルのデメリットは温度変化に弱いことです。

ポリエステルとアクリルの肌触りを比べると、お好みですがアクリルが良さそうです。

アクリルの特性は軽くて柔らかくて保温性があり、ふっくらとした肌触りがあることです。

ポリエステルの良いところは、丈夫で乾きが早くシワになりにくく耐熱性があり縮みにくいことです。


PAGE TOP