社長、代表取締役社長、CEOの違いと使い分け方。英語では何?

Sponsored Link

社長と代表取締役とCEO(ceo)の違いを子供から聞かれたらどう答えますか。

代表取締役社長は英語表記で「President&Representative Director」になります。

社長の英語表記は「President」・副社長の英語表記は「Vice President」になります。

代表取締役の英語表記は「Representative Director Executive Director」になります。

取締役の英語表記は「Member of the Board of Directors」になります。

 

次に、社長と代表取締役とCEO(ceo)の違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

社長

 

syacho-1

 

社長と代表取締役とCEO(ceo)の違いが分かるために「社長」の概要を紹介します。

社長の英語表記は「President」ですが、代表取締役社長の英語表記は「President&Representative Director」になります。

社長と代表取締役社長とは違います。

「社長」とは会社や社団などにおける最高責任者の呼称です。

社長は、一般的には会社が定める職制です。

第三者に対して会社を代表するとともに、会社内部で業務執行を指揮する役職が「社長」です。

社長の権限に対する法的根拠を確保するために、一般的には、株式会社では代表取締役若しくは代表執行役を社長として可能な限り業務執行権限を委任し、また持分会社では代表社員を社長にしています。

「社長」や「副社長」などの肩書きは会社が定める職制に基づく名称なので、会社法には社長の設置、選任及び解任、役割・権限・義務等に関する規定はありません。

会社の社長は、多くの場合には代表権を有する取締役(代表取締役)や代表執行役がなります。

会長や副社長等も代表権を有する場合があります。

代表権を有する取締役(代表取締役)や代表執行役であっても社長であるとは限りません。

 

代表取締役

 

clipart_13

 

社長と代表取締役とCEO(ceo)の違いを分かるために「代表取締役」の概要を紹介します。

代表取締役社長の英語表記とは違い、代表取締役の英語表記は「Representative Director Executive Director」になります。

代表取締役は、株式会社を代表する権限(代表権)を有する取締役をいうと「会社法第349条」に定められています。

取締役会を設置している会社においては、取締役の中から代表取締役を選定しなければならないと「会社法第362条3項」に定められています。

代表取締役は、意思決定機関である株主総会や取締役会の決議に基づき、単独で会社を代表して契約等の行為を行うことができます。

代表取締役は会社の業務を執行します。

日常業務については取締役会からその決定権限が委譲されているので自ら決定も行い執行します。

 

CEO

 

社長と代表取締役とCEO(ceo)の違いを分かるために「CEO」の概要を紹介します。

代表取締役社長の英語表記は「President&Representative Director」ですが、CEOは「chief executive officer」の略語になります。

CEOは、最高経営責任者とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員・執行役員又は執行役の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物になります。

CEOのことは「統括業務執行役員」などと和訳されることもあります。

イギリスでは、CEOと同様の職務を行う役員を業務執行役員又はチーフ・エクゼクティブといいます


PAGE TOP