カポナータ、ラタトゥイユ、ミネストローネの違い

Sponsored Link

「カポナータ」と「ラタトゥイユ」と「ミネストローネ」の違いが分からない人も多いようです。

カポナータ・ラタトゥイユ・ミネストローネは、イタリアやフランスの料理になります。

料理に使う食材が似ているので、カポナータ・ラタトゥイユ・ミネストローネの違いが分からない人が多いようです。

カポナータ・ラタトゥイユ・ミネストローネの大きな違いは調味料になります。

 

次に、カポナータ・ラタトゥイユ・ミネストローネの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

カポナータ

 

d76dde2583d767a239cde719d6d7e7f81cfda93a_48_2_9_2

 

「カポナータ」と「ラタトゥイユ」と「ミネストローネ」の違いが分かるために、「カポナータ」の概要を紹介します。

カポナータはイタリアの甘酢煮料理になります。

カポナータには、シチリアのカポナータとナポリのカポナータがあります。

シチリアのカポナータは、揚げナスの甘酢煮になります。

シチリアのカポナータは、「カプナータ」や「カプナティーナ」とも呼ばれています。

シチリアのカポナータはイタリア全土で有名な料理です。

ナポリのカポナータは、水に浸して戻した乾パンとトマト、ニンニク、オレガノを塩とオリーブ油で和えたサラダ状の料理になります。

ナポリのカポナータは、「アックァ・サーレ」とも呼ばれます。

ナポリのカポナータは甘酢煮料理ではないので、日本で知られているカポナータはシチリアのカポナータになります。

 

ラタトゥイユ

 

food_ratatouille

 

「カポナータ」と「ラタトゥイユ」と「ミネストローネ」の違いが分かるために、「ラタトゥイユ」の概要を紹介します。

ラタトゥイユは、「ラタトゥユ」や「ラタトゥーユ」とも呼ばれます。

ラタトゥイユは、フランス南部プロヴァンス地方、ニースの夏野菜の煮込み料理です。

玉ねぎ・ナス・ピーマン・ズッキーニなどの夏野菜をニンニクとオリーブ油で炒めてから、トマトを加えて、ローリエ・オレガノ・バジル・タイムなどの香草とワインで煮て作ります。

ラタトゥイユの語源は、「かき混ぜる」や「軍隊スラングでごった煮」だとされています。

 

ミネストローネ

 

「カポナータ」と「ラタトゥイユ」と「ミネストローネ」の違いが分かるために、「ミネストローネ」の概要を紹介します。

ミネストローネとはイタリア語でスープを意味しています。

ミネストローネは、主にトマトを使ったイタリアの野菜スープ料理になります。

決まったレシピはなくイタリアの田舎の家庭料理です。

使う野菜も季節や地方によって様々で、トマトを入れていないものでも「ミネストローネ」と呼ばれます。

ミネストローネの材料には、タマネギ・ジャガイモ・ニンジン・キャベツ・セロリ・ズッキーニ・さやいんげん・ベーコンなどが用いられます。


PAGE TOP