手袋の洗濯方法、頻度。スエード、ファーがついてる手袋の洗い方は?

Sponsored Link

冬に手元を温めてくれる手袋には多くの素材とデザインがあります。

手袋は使っているうちに汚れてきます。

手袋が汚れたらどうしていますか。

シーズンが終わったら選択して清潔にしてしまいたいですね。

普通に洗濯機で洗っても大丈夫なのか気になります。

手袋の洗濯方法はどうしていますか?

皆の手袋の洗濯の頻度はどの程度なのでしょう。

スエードやファー付手袋の洗い方などの知っていると役立ちそうです。

 

次に、手袋の洗濯方法・手袋の洗濯の頻度・スエード手袋の洗い方・ファー付手袋の洗い方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

手袋の洗濯方法・頻度

 

4550002625788_400

 

手袋は革製やニットなどでできているタイプが多くて、洗いにくいイメージがあります。

手袋は洗濯できるの?と迷っている人も多いようです。

手袋を買う時に「洗濯表示」の確認をすれば、自宅で洗える手袋かどうかは分かります。

自宅で洗濯して清潔な手袋を使いたいのであれば、「洗濯機で洗える」表示や、「手洗いできる」表示がある手袋を選びましょう。

天然の革を使った手袋は「水洗いできない」表示があるのでクリーニング屋さんに出しましょう。

一般的には、人工の革・ウール・アクリル素材の手袋であれば自宅で洗えるものがほとんどのようです。

手袋の場合は洗濯表示が「洗濯機で洗える」となっていても、基本的には「手洗い」をおススメします。

手洗いすれば手袋本来の風合いを損ねることがなく清潔にできます。

自宅での手袋の洗濯方法の基本は「つまみ洗い」です。

「つまみ洗い」とは、指先でもむように洗う方法になります。

手袋の洗濯の頻度は使用回数と汚れの内容によります。

手袋を使っていて使い心地や臭いや汚れが気になったら洗ってください。

次に、スエード手袋の洗い方を紹介します。

 

スエード手袋の洗い方

 

25967334_18_D_500

 

手袋の洗濯方法は「つまみ洗い」が基本です。

手袋を洗濯する頻度は使っていて気になった時です。

スエードの手袋の洗い方での注意点は「水」です。

スエードには「水」は禁物です。

スエードの手袋の日頃の手入れは、スエードブラシや硬めのナイロンブラシを使ったブラッシングになります。

ブラッシングは毛並みに沿っておこないます。

日常生活でついた軽い汚れは、消しゴムタイプの専用クリーナーで落とせます。

ジュースやコーヒーなどで汚れたら、泡タイプの専用クリーナーを使います。

 

ファー付手袋の洗い方

 

手袋の洗濯方法が分からないので、手袋を洗わない人も多いようです。

手袋の洗濯の頻度に決まりはありません、汚れが気になった時に洗ってください。

手袋を買う時に「洗濯表示」を確認して、自宅で洗えるタイプを選ぶようにしませんか。

スエードの手袋は「水」厳禁なので専用クリーナーを使った洗い方になります。

軽い汚れは毛並みに沿ったブラッシングで落とします。

ファー付手袋は素材や「洗濯表示」よって異なります。

アクリル糸でつくられたファー付手袋であれば、自宅での手洗いで清潔にできます。

天然素材のファー手袋はプロに洗濯をお願いしてください・


PAGE TOP