戦略、戦術、作戦の違いとビジネスでの使い方

Sponsored Link

戦略・作戦・戦術などの違いを知らなければ、マネージャー以上の仕事はできません。

戦略・作戦・戦術の違いを理解することは大切です。

ビジネスを成功に導くには、戦略・作戦・戦術の意味と方法を知ることが大切です。

戦略・作戦・戦術を分かりやすくするためには、図解や参考例を作成すると良いですね。

 

次に、戦略のこと・戦術のこと・戦略・戦術の違い・戦略・戦術の違いを知ってビジネスに活かす・戦略・作戦・戦術の参考例などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

戦略

 

strategy-operation-tactics

 

戦略・作戦・戦術の違いを知るために「戦略」の概要を紹介します。

「戦略」とは英語表記で「Strategy」です。

戦略は、一般的には特定の目的を達成するための総合的な調整を通じた運用技術・理論です。

戦略で大切なことは、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用することです。

戦略は特定の目的達成のためにあります。

総合的な調整を通じて力と資源を効果的に運用します。

戦略は元々は軍事学の専門用語でしたが、日本では戦後に企業の経営戦略や、経済戦略・外交戦略のように使用されることも多くなっています。

企業理念での「戦略」は、目的を達成するためのシナリオになります。

 次に、戦術のこと・戦略・戦術の違い・戦略・戦術の違いを知ってビジネスに活かす・戦略・作戦・戦術の例などの紹介をします。

 

戦術

 

img02

 

戦略と戦術の違いを分かるために「戦術」の概要を紹介します。

「戦術」も「戦略」と同じく軍事学の専門用語です。

戦術の英語表記は「Tactics」になります。

戦術は、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する技術になります。

現代では軍事から派生して、言葉としては競技や経済・経営、討論・交渉などの競争における戦い方をも意味するようになっています。

戦術のことは、理論的・学問的な側面を強調する場合は戦術学とも言われます。

企業理念での「戦術」は、各プロジェクトを成功に導く戦い方になります。

次に、戦略・戦術の違い・戦略・戦術の違いを知ってビジネスに活かす・戦略・作戦・戦術の例などの紹介をします。

 

戦略・作戦・戦術の違い

 

戦略・作戦・戦術の違いを知ることで、戦略・作戦・戦術をビジネスに活かせます。

戦略・作戦・戦術の違いを曖昧にしたままビジネスを始めても失敗します。

戦略・作戦・戦術をピラミッドに例えて図解すれば理解しやすくなります。

会社は1つの理念の基に事業を行って利益をあげます。

企業理念は存在意義のようなものです。

戦略は理念の基に会社を維持していくために変わります。

不変の企業理念で重要なのは「戦略」です。

戦略は、目的を達するための「シナリオ」になります。

業界の中でどのポジションの会社にするのか、会社の魅力や優位性はどのように育てるかなどが「戦略」になります。


戦略を実行する各プロジェクトは「作戦」になります。

目的を達成させるためのシナリオを成功させる重要なプロジェクトが「作戦」になります。

通常は、戦略を実行するために多くのプロジェクトが並行して進みます。

「戦術」は、作戦の次になります。

「戦術」は、各プロジェクトを成功させるための具体的な戦い方になります。


PAGE TOP