シミとそばかすの違い。できる原因、対処法も違う?薄くする方法は?

Sponsored Link

シミとそばかすは対処の方法に違いがあるようです。

顔に出ている、斑点・色ムラ・色素沈着などのシミ・そばかすは同じように見えます。

シミ・そばかすは同じように見えても対処方法が異なります。

シミやシミのように見えるものには、肝斑・老人性色素斑・そばかす・太田母斑・炎症後色素沈着などに分けられます。

「肝斑(かんぱん)」とは、額や頬などに左右対称にあるものです。

「肝斑」は、褐色や淡い褐色で面で存在して境界線がぼやけています。

「老人性色素斑」は、40代から顔面・手背・前腕伸側に発生します。

老人性色素斑は丸形が多く、大きさは米粒から指先大くらいです。

色素斑の境界線は明瞭で、色は均一な褐色です。

紫外線を多量に浴びる人では10代で出ることもあります。

「そばかす」は幼少期に生じる色素斑です。

思春期に目立つようになる5mm以下の色素斑をそばかすと呼んでいます。

「そばかす」は遺伝的な要素も強く、年齢とともに薄くなることが多いようです。

「炎症後色素沈着」は、ニキビや傷痕にできる褐色の色素沈着になります。

虫刺されによる掻きこわしても「炎症性色素沈着」になることがあります。

シミのように見える肝斑・老人性色素斑・そばかす・太田母斑・炎症後色素沈着は、改善方法が違います。

顔のシミ・色素沈着のタイプを知ることが大切です、素人判断は良くありません、

シミ・そばかすの悩みは皮膚科の医師に相談するのが適切です。

 

次に、シミ、そばかすの予防・シミ、そばかすを薄くする・シミ、そばかすを消す方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

シミ・そばかす予防

 

publicdomainq-0014790mjs

 

シミ・そばかすの違いを知らないと適切なケアはできません。

シミやシミのように見えるものには、肝斑・老人性色素斑・太田母斑・炎症後色素沈着などがあります。

「そばかす」は、は遺伝的な要素も強いので年齢とともに薄くなることが多いようです。

シミが発生する多くの原因は紫外線です。

紫外線を浴びる機会が多い人にシミが多く発生します。

日光性黒子や老人性色素斑はシミと呼ばれています。

淡褐色~褐色の色素斑は、顔だけでなく手・背中・前腕などに多く出ます。

中年以降に増える特徴があります。

シミ(日光性黒子・老人性色素斑)の予防方法は紫外線対策をすることです。

シミの原因は紫外線なので、紫外線対策をすれば予防できます。

そばかすの原因には遺伝的要素もあるので予防は出来ませんが、年齢とともに薄くなることが多いので大人になるまで様子を見てください。

次に、シミ・そばかすを薄くする方法を紹介します。

 

シミ・そばかすを薄くする方法

 

biyou_shimi

 

シミとそばかすの違いは、紫外線か遺伝性の色素斑かの違いになります。

シミ・そばかすの原因は違うので、皮膚科での医師の診察を受けてから対処してください。

シミ・そばかす を薄くする方法を紹介します。

そばかすは遺伝的要素があり、年齢とともに薄くなる傾向があるので大人になるまで様子を見た方が良いと考えられます。

一般的なシミである日光性黒子や老人性色素斑の原因は紫外線なので、今以上にシミを増やさないように紫外線対策をシッカリすることが大切です。

紫外線対策をしながら美白スキンケアを続けることでシミの悩みは改善できます。

 

シミ・そばかすを消す方法

 

シミとそばかすには違いがあるので、皮膚科でシミ・そばかすなどの色素斑の診察を受けてから、原因を知ったうえで対処するのが適切です。

シミを薄くする方法は、紫外線対策をしながら美白スキンケアをするのが適切です。

は年齢とともに薄くなる傾向があるので、大人になるまで様子を見てください。

シミ・そばかすを消す方法は、美白化粧品や皮膚科でのレーザー治療が考えられます。

老人性色素斑などのシミは美白化粧品やレーザー治療で消せます。

そばかすも皮膚科でのレーザー治療で消せるようです。

年齢とともに消えていくといわれる「そばかす」ですが、大人になっても目立つときには皮膚科でのレーザー治療で消す方法もあります。


PAGE TOP