厄年の妊娠は避けた方が良いの?出産は厄落としになる?

Sponsored Link

厄年妊娠厄落としになるでしょうか。

厄年とは人生の節目や転換期にある年であるとされ、古くから注意すべき年齢であるとされています。

厄年には体調面や精神面で変化があるので、忌み慎んで行動すべきだと言われています。

厄年には“悪い厄”と“良い厄”があるそうです。

悪い厄が来ても困るので予防のために厄除祈願をする人も多いようです。

女性にとって結婚・妊娠・出産は人生の中での重要イベントです。

女性の大切で重要な節目の年齢と厄年に重なったら不安に思うのは当然のことです。

厄年の風習は平安時代の陰陽道を起源とする説もありますが明確な根拠は不明です。

科学的にも災いの根拠のない風習を結婚・妊娠・出産に関係づけて悩むのは良くありません。

結婚・妊娠・出産と厄年が重なっても、厄落としになるくらいに考えるほうが適切だと考えます。

厄年が気になるのであれば厄払い・厄落としをしてもらってから結婚・妊娠・出産の準備をすれば良いのではないでしょうか。

厄年と結婚・妊娠・出産が重なるからと心配したり悩むのは災いを引き込む原因になるように思います。

 

次に、厄年の数え方や厄年妊娠や厄落としの紹介をします。

 

スポンサーリンク

厄年とは

 

yjimagezwta2qjt

 

厄年は男性と女性では違います。

厄年には、前厄・本厄・後厄があります。

その為、厄年と結婚・妊娠・出産との重なりを考えると安心できる年齢が少なくなります。

男性の本厄は、25歳・42歳・61歳なので前厄24歳・41歳・60歳で後厄26歳・43歳・62歳になります。

女性の本厄は、19歳・33歳・37歳なので、前厄18歳・32歳・36歳で後厄20歳・34歳・38歳になります。

以上から夫婦の前厄・本厄・後厄を結婚適齢期や妊娠・出産年齢と重ねると、21歳~23歳と27歳~31歳と35歳くらいしか厄年を避けられる年齢はありません。

厄年を避けて結婚・妊娠・出産を行うのは無理があります。

気にしないで健やかに過ごすか、厄払いや厄落としをする方が楽しく過ごせそうです。

 

女性の厄年の妊娠は避ける方が良い?

 

yjimage3mwsna2m

 

女性の厄年の妊娠は避ける方が良い?と悩んでいるママやパパがいたら、神社で厄落とし・厄払いをしてスッキリしてください。

厄年には病気・怪我・仕事トラブル・家庭トラブル・生活困窮などの厄災が降りかかるとされていますが根拠はありません。

平安時代の陰陽道を起源とされ明確な根拠も不明な風習に関係づけて悩むのは良くありません。

日本の「げんを担ぐ」や「縁起を担ぐ」などの気持ちから発生した日常の災いを避ける気持ちから生まれた風習です。

厄年妊娠厄落としは気にしないで過ごしましょう。

 

妊娠・出産と厄年

 

厄年妊娠厄落としで気になる前厄・本厄・後厄は、昔の結婚・妊娠・出産などの女性の節目の年齢と重なります。

女性の前厄は18歳・32歳・36歳―本厄は19歳・33歳・37歳―後厄は20歳・34歳・38歳です。

昔の女性の出産期は18歳~20歳、子育てで体力面や精神面で大変な32歳~34歳、体力的にも衰えが来る36歳~38歳は注意が必要な年齢であったことが考えられます。

人生の中で精神・身体・社会生活で節目を迎える年齢を「厄年」として気を付けるようにしたのではないでしょうか。

医学や社会環境が整備された現在では、結婚・妊娠・出産年齢幅は広がっています。

昔の風習の厄年年齢と現代人の精神・体力年齢はずいぶんと違います。

あまり気にすることはなさそうです。

 


PAGE TOP