長持ちさせるムートンブーツの手入れ方法、洗い方。丸洗いもできる?

Sponsored Link

冬季になると、ムートンブーツを履いている女性や子供を見かけるようになります。

女性や子供がムートンブーツを履いているとカワイイですね。

日本の冬季のファッションとしてもムートンブーツは人気があるようです。

ムートンブーツが似合うのは何月頃からでしょうか?

まだ暖かい日がある10月頃にムートンブーツを履いている女性を見ると、暑苦しく感じます。

時々9月頃に履いている女性を見ることがあります。

見た目の暑苦しさだけじゃなく、足が蒸れているのではと心配になります。

ムートンブーツの素材にも左右されますが、暖かい日が残っている季節に履くと蒸れてしまうので注意が必要です。

ムートンブーツをファッションとして履いても違和感がないのは、11月頃からでしょうか。

ムートンブーツはシーズンが終わった後に、そのまま靴箱にしまってはいけません。

手入れをしてから保管することが大切です。

また、玄関のすみに出しっぱなしもNGです。

出しっぱなしにすると、紫外線の影響で色あせてしまう原因になります。

 

次に、ムートンブーツの手入れ・ムートンブーツの手入れ(洗う)・ムートンブーツのクリーニングなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ムートンブーツの手入れ

 

publicdomainq-0013287hpc

 

ムートンブーツはシーズンが終わったらキチンと手入れをしてから保管しましょう。

ムートンブーツには、ホコリ・シミが付着しています。

履いたまま手入れをしないで保管すると、雑菌が繁殖してニオイやカビ汚れで履けなくなる可能性もあります。

ムートンブーツの手入れでは、雨シミやニオイの除去が大切です。

ブーツの雨シミは手入れをしないと残ってしまいます。

水を絞った布で表面をたたくように雨シミを取ります。

水で雨シミをぼかすようなイメージでたたいてください。

ポイントは、洗剤などを使わないで水だけで濡らしてシミを取ることです。

雨シミが取れたら、市販の防水スプレーを噴霧して自然乾燥します。

ドライヤーなどで乾かすとブーツが縮む原因になります。

ブーツのニオイの原因は、染み込んでいる汗や水分です。

給水性の良いタオルや新聞紙をブーツの中の奥に詰め込みます。

新聞紙を入れる時にはインクが写らないように布で巻いてから詰め込みます。

3時間程度経過したら、ブーツからタオルや新聞紙を取り除いてブーツ専用の消臭スプレーを噴霧します。

次に、ムートンブーツの手入れで洗う方法・ムートンブーツのクリーニングなどの紹介をします。

 

ムートンブーツを洗う

 

6b61be79617b4f9e215080e9cbc1c8a9_t

 

ムートンブーツのシーズンが終わったら手入れをして保管してください。

ムートンブーツの手入れでは洗う方法が分からないと思っている人も多いようです。

専用の汚れ落としクリームでも汚れを落とせないときには洗うのが適切です。

水洗いをすれば気になるニオイも除去できます。

ムートンブーツを洗うのに必要な道具は、ムートン専用のスポンジとクリーナーと冷水です。

ムートンブーツを洗う時には冷水を使います。

お湯をつかってはNGなので注意してください。

洗い終わったらドライヤーなどは使いません。

ドライヤーを使うとブーツが縮むので注意してください。

ブーツを洗い終わったら、形を整えてから、直射日光が当たらない日陰の風通しの良い場所で自然乾燥します。

完全に乾いたらブラッシングをして整えます。

次に、ムートンブーツのクリーニングの紹介をします。

 

ムートンブーツのクリーニング

 

ムートンブーツは手入れをしてから保管してください。

ムートンブーツの手入れで洗う時には冷水を使ってください。

ムートンブーツの汚れが気になる時にはクリーニングに出す方法もあります。

ブランド物の高額なムートンブーツを泥汚れや雨シミだけで捨てるのはもったいないですね。

「靴のクリーニング」にお願いすればキレイできるかもしれません。

クリーニングを試してみませんか。


PAGE TOP