今日亡くなったらお通夜、葬式の日程はいつ?仕事は何日休む?

Sponsored Link

葬儀(そうぎ)は人の死を弔うために行われる祭儀になります。

葬儀の様式には、葬儀を行う人たちの死生観や宗教観が深く反映されます。

葬儀は宗教生まれる以前の時代から行われてきていた宗教的行為であると考えられています。

葬儀は故人のためだけではないと考えられています。

残された人のために行われる意味合いも葬儀にはあります。

残された人々が、死を心の中で受け止めるのを援助する儀式だとも考えられています。

歴史上初めての葬儀が行われたと考えられている葬儀跡が、イラク北部の洞窟で見つかっています。

洞窟の中にはネアンデルタール人の骨が見つかっているそうです。

葬儀跡からは、洞窟には無いはずの花粉も見つかっています。

現代の日本の葬儀には、密葬・家族葬儀・国葬・市民葬・区民葬・福祉葬・企業葬・生前葬などがあります。

最近は密葬(みっそう)や家族葬(かぞくそう)が増えているようです。

密葬は、亡くなった人の家族やごく近しい親類・友人のみで小規模に行われる葬儀になります。

密葬での会葬者は1~数百人までいろいろで、規模の規定はありません。

家族葬は家庭葬(かていそう)と呼ばれることもあります。

近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否する葬儀になります。

家族葬は、家族などの近親者だけで行う葬儀です。

 

次に、今日亡くなったらいつ葬式するの・妻の親が亡くなった場合の仕事休み・親が亡くなる場合の仕事休みなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

今日亡くなったらいつ葬式をするの?

 

oshoushiki_gosyoukou

 

近親者が今日亡くなったらいつ葬式をするのか葬儀の流れが分からない人も多いのではないでしょうか。

病院で亡くなった場合の葬儀の流れを紹介します。

一般的には、亡くなった日から3日目が火葬になります。

亡くなった日の午後に病院から搬送して、自宅や葬儀場に故人を安置します。

亡くなった日を1日目として次の日の2日目の午後に納棺をして通夜を行います。

3日目の午前中に葬式・告別式を行って出棺します。

3日目の午後に火葬をしてから精進落としをします。

病院で亡くなった場合の具体的な流れは、病院が提携している業者か看護師に死後の処置であるエンゼルケアを行ってもらいます。

遺族は、スグに葬儀社に連絡を取って病院や自宅などの亡くなった場所を伝えます。

病院・自宅に関わらず、医師に「死亡診断書」を書いてもらうことが必要です。

法律により逝去後24時間は火葬することができないので、寝台車でご遺体を搬送して安置をします。

安置場所は、自宅か葬儀社の安置専用施設になります。

次に、妻の親が亡くなった場合の仕事休み・親が亡くなる場合の仕事休みの紹介をします。

 

妻の親が亡くなったら仕事は? 

 

osoushiki_syoukou_side2

 

今日亡くなったらいつ葬式をするのでしょうか。

火葬場のスケジュールにもよりますが、亡くなった日から2日目が通夜で3日目がお葬式になります。

家族や親族などの身近な人が亡くなった時に取得する休暇を「忌引き休暇」と呼びます。

喪主は葬儀を行うために。参列者は葬儀に参加するために会社や学校を休みます。

忌引き休暇は、会社や学校によって扱い方や考え方が違います。

忌引き休暇を取る必要がある時には、会社や学校に連絡して忌引き休暇の規定の有無を確認します。

一般的な会社では福利厚生の中に忌引き休暇が設定されています。

次に、親が亡くなる場合の仕事休み日数の紹介をします。

 

親が亡くなると仕事は?

 

親が今日亡くなったらいつ葬式になるのでしょうか。

一般的には亡くなった日から3日目がお葬式になります。

妻の親が亡くなった場合の仕事休みや、親が亡くなる場合の仕事休みは、会社の忌引き休暇制度により違ってきます。

慶弔休暇は、法律上設けなければならない制度ではありません。

忌引き休暇制度がない会社もあります。

勤務先に忌引き休暇制度がない場合は有給休暇を取得する必要があります。

有給休暇の届を出す場合は、亡くなった日から3日目が火葬なので、最低でも3日間の休みの届を提出する必要があります。


PAGE TOP