枕の捨て方と分別方法。そば殻,低反発枕、抱き枕は何ゴミで捨てる?

Sponsored Link

枕の捨て方に困っている人も多いようです。

枕の捨て方で悩む原因は枕に使われている材料です。

枕の材料には、そば殻・低反発材料・スポンジ・綿・羽毛・プラスチックなどいろいろあります。

大きさも様々で、抱き枕などはゴミ袋に入りません。

枕の捨て方と分別方法はどうしていますか?

そば殻・低反発枕・抱き枕は何ゴミで捨てれば良いのでしょうか?

枕は、就寝時に頭部を載せて支持するために用います。

枕の形状は数センチ厚のクッション性を持たせた板状のものが多いですね。

スポンジ・綿・羽毛など柔らかいものを布の袋に詰めた柔らかい枕や、プラスチックパイプやもみ殻を詰めた心地よい硬さがある枕などがあります。

 

次に、枕のこと・枕の捨て方・枕の分別方法・枕の捨て方(そば殻・低反発など)の概要を紹介します。

 

スポンサーリンク

枕のこと

 

makura

 

枕は、人間が体を健康に保つツールとして発生したものと考えられています。

最近の研究では、枕は頭だけを支えるだけではなく、首の形を整えて頭を支えるものと考えられています。

首や頭の形状は、体型・年齢・性差などで千差万別なので誰にでも合う万能枕は見つかっていません。

最近は、エアバッグで調整できる枕や、綿やポリウレタンなどの柔らかい枕が注目されています。

柔らかい枕は固い枕よりも高いタイプ、そば殻などの硬い枕は低くいタイプを選ぶのが良さそうです。

オーダーメイド枕を利用する人も増えているようです。

枕の種類は硬さで分けられます。

適度な硬さをもつ枕に使われている材料には、陶器・石材・木材・竹・藤があります。

枕の詰め物には、そば殻・もみ殻・羽毛・空気・菊・小豆・ウレタン・プラスチックのパイプ・スポンジ・パンヤ・発泡天然ゴム・ポリウレタン・ポリエステルなどがあります。

次に、枕の捨て方・枕の分別方法・枕の捨て方(そば殻・低反発など)の概要を紹介します。

 

枕の捨て方

 

key_visual

 

枕の捨て方に困っている人も多いようです。

枕に使ってある材料や枕の大きさで、ゴミ区分はどうすればよいのだろうと悩んでいる人も多いようです。

ゴミ区分を大きく分けると、燃えるゴミ(可燃ゴミ)・燃えないゴミ(不燃ゴミ)・資源ゴミ・粗大ゴミなどになります。

多くの自治体では燃えるゴミ(可燃ゴミ)として枕を出しても良さそうです。

燃えるゴミとして出せても大きさに制限があります。

一般的には、18リットル未満の枕は燃えるゴミ(可燃ゴミ)で、18リットル以上は粗大ゴミになります。

燃えるゴミの袋に入るサイズの枕は燃えるゴミとして出せます。

燃えるゴミの袋に入らない枕(抱き枕など)は粗大ゴミになります。

粗大ゴミとして出すのに抵抗がある人は、枕を細かく切断して燃えるゴミ袋に入るようにすれば問題ありません。

次に、枕の捨て方(そば殻・低反発など)の概要を紹介します。

 

枕の捨て方(そば殻・低反発など)

 

枕の捨て方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

枕の素材には、そば殻・もみ殻・羽毛・空気・菊・小豆・ウレタン・プラスチックのパイプ・スポンジ・パンヤ・発泡天然ゴム・ポリウレタン・ポリエステルなどがあります。

ゴミ区分は自治体で違うので、枕の捨て方に迷ったら自治体のホームページでの確認をお願いします。

一般的な枕の素材を考えたゴミ区分では、そば殻・もみ殻・羽毛・菊・小豆などは燃えるゴミ(可燃ゴミ)になるようです。

ウレタン・プラスチックのパイプ・スポンジ・発泡天然ゴム・ポリウレタン・ポリエステルなどは燃えないゴミ(不燃ゴミ)になると思われます。

ウレタン素材の低反発枕は燃えないゴミ(不燃ゴミ)になりそうです。

布製の枕カバーは古着・古布類として資源回収に区分されている自治体もあります。


PAGE TOP