「足」「脚」「肢」の違いと使い分け方

Sponsored Link

「あし」を漢字表記すると「足」・「脚」・「肢」があります。

「足」・「脚」・「肢」の違いが分かりますか。

「足」・「脚」・「肢」の使い分けはどのようにすればよいのでしょうか。

「足」・「脚」・「肢」の使い分けを間違うと恥ずかしい思いをすることがあります。

「あし」の漢字の使い分けを確認してみませんか。

 

次に、「足」・「脚」・「肢」の違いと使い方について紹介します。

 

スポンサーリンク

「足」

 

publicdomainq-0012398fid

 

「足」・「脚」・「肢」の違いを分かるためには「足」のことを知ることが大切です。

「足」字は広義では人の「下肢」の総称になります。

狭義での「足」は、人の足首からつま先までの部分を指します。

「足」の、「口」部分は膝下、「止」は足の形に象っています。

「足」の漢字全体で膝から足先までを象っています。

動物の「足」という場合は、動物の胴体から下に分かれた歩行に使う部位になります。

動物の体を支える部分でもあります。

哺乳動物の前肢(ぜんし)・後肢(こうし)と呼ばれる部分です。

足首からつま先までの「足」のことを英語表記すると「foot」になります。

「足」の使い方例を紹介します。

足が速い・足が遅い・足が長い・足を洗う・靴が足に合わない・足が痛い・足が疲れたなどがあります。

「足」は比喩的な表現でも使われます。

足を運ぶ・足を奪う・足が重い・地に足がついていないなどです。

次に、「脚」・「肢」の紹介をします。

 

「脚」

 

ant-32920_960_720

 

「足」・「脚」・「肢」の違いが分かるために「脚」概要を紹介します。

動物の「あし」の骨盤から足首までの部分になります。

昆虫の「あし」は「脚」と表記します。

トンボの脚・セミの脚・クワガタの脚・カブトムシの脚などです。

昆虫の「あし」の漢字表記はすべて「脚」になります。

「脚」を英語表記すると「leg」になります。

動物の「脚」だけでなく、家具などにも「脚」があります。

「脚」は胴体を支える部分という意味で、机の脚・椅子の脚・テーブルの脚などがあります。

「あし」全体を指す言葉にも「脚」が使われます。

「脚力」・「脚光」・「馬脚」などです。

 

「肢」

 

「足」・「脚」・「肢」の違いを分かるために「肢」概要を紹介します。

「肢」は、生物学・医学で使われている専門用語になります。

生物学・医学用語での「肢」は手足になります。

「肢」は「あし」だけではなく手と足を意味しています。

「肢」は日常生活では聞くことは少なく、生物学・医学分野などの専門的な言葉になります。

「肢」を使った言葉には、「四肢」・「前肢」・「後肢」・「義肢」などがあります。

人の手になる部分は哺乳動物では「前肢」になります。

人の足になる部分は哺乳動物では「後肢」になります。

人の場合は、手は「上肢(じょうし)」になります。

足は「下肢(かし)」になります。


PAGE TOP