台風が来ると頭痛、肩こり、めまい、眠気がくる理由と対処方法

Sponsored Link

台風が来ると頭痛や肩こりに悩まされる人も多いようです。

台風が来ると“めまい”をしやすいと訴える人もいます。

台風時期だけではなく、雨天時や雨が降る直前のような低気圧時にも、体調不良を訴える人は多くいます。

低気圧時の症状には、頭痛・体のだるさ・肩こり・腰痛・むくみ・めまい・ひどい眠気・気分の落ち込みなどいろいろです。

台風が多いシーズン・雨天時につらい思いをしている人も多いですね。

天気の変化で体調不良になる症状を「気象病」と呼ぶことがあります。

会社の同僚に雨天時によく気分が悪いと言って休む人がいましたが気象病だったのでしょうか。

気象病が悩みの人にはどのような予防や対策をすればよいのでしょうか。

気象病の予防・対策を知っていれば役立ちそうです。

 

次に、気象病について・台風時期の頭痛や肩こり・台風時期のめまい・気象病予防・対策などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

気象病(きしょうびょう)

 

sick_tenkitsuu

 

台風時期や雨天時の、頭痛や肩こりの症状で悩んでいる人がいます。

台風シーズンになるとめまいがすると言う人もいます。

台風時期や雨天時の不調は気象病が原因かもしれません。

気象病対策を知っていれば不快感を予防できますね。

気象病は近年になって認知されつつある病名です。

気象病は、気象の変化で症状が現れます。

台風時期や雨天時に体調が悪化する疾患の総称です。

症状には、天気が悪くなると古傷が痛むなどの天気痛も含まれます。

気象病には、メニエール病・喘息・めまい症・うつ病・頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・関節炎・リウマチ・じんましん・吐き気などいろいろあります。

気候の変化を原因とする気象病は、心臓発作や脳卒中のきっかけになりもなるので注意が必要です。

気象病のメカニズムは詳しくは分かっていません。

気圧・気温・湿度などの急激な変化に人体が対応しきれないことが原因と考えられています。

気象病の発症には、内耳など気圧を感じるセンサーからの信号で自律神経系バランス乱れることでさまざまな疾患が起きるという考えがあります。

気圧の低下で、人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなるのが原因とする考えもあります。

 

台風シーズンの頭痛

 

9c70ce4e84ff63f86a6be4948baa20b2

 

台風シーズンになると頭痛・肩こりに悩まされていませんか。

台風時期や雨天時のめまいは気象病かもしれません。

気象病予防や対策を知っていると役立ちます。

漢方医学では、気象病の症状が出る原因は湿気の影響で体に水分が溜まりやすくなっているからだと考えています。

湿気の影響で頭・肩・胃腸などに必要以上に水分が溜まってしまうことでが原因で、体が適切に機能しなくなるからとされています。

気象病の症状を解消するには、水分を体外に排出することが大切だとされます。

漢方医学での気象病対策には、

・水分を少しずつこまめに摂る

・ウリ科の野菜や豆類を食べる・キノコ類や根菜類を食べる

・運動で汗をかく・半身浴で汗をかく

・足裏マッサージをする・足腰を動かす・体を冷やさないようにするなどがあります。

次に、気象病予防と対策を紹介します。

 

気象病予防と対策

 

台風シーズンになると頭痛・肩こりに悩まされている人がいます。

台風シーズンのめまいは気象病と考えられます。

次に、気象病対策を紹介します。

気象病に悩まないためには、生活習慣と食習慣の改善が大切です。

「規則正しい生活」・「十分な睡眠」・「バランスの良い正しい食生活」などになります。

一般的に体力のない人が気象病になりやすいと考えられています。

日常生活の中で、エアコンなどの空調に過度に頼らず気温変化に身体を慣れさせることも大切です。

運動習慣も大切で、ストレッチ・ヨガなどバランスよく運動することが気象病の予防と症状緩和に有効であるとする意見もあります。

頭痛・めまい・吐き気・肩こりなどは、乗り物酔いの薬で症状を軽くできるという人もいます。


PAGE TOP