臭い靴下の原因と洗濯前にするべき対策

Sponsored Link

靴下が臭いので気にしている人も多いようです。

靴下が臭い原因はどこにあるのでしょうか。

靴下の臭い対策や、靴下の臭いが強い時の洗濯方法を知っていれば役立ちます。

 

次に、靴下が臭い・靴下の臭いの原因・靴下が臭いときの洗濯方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

靴下が臭い

 

156647m

 

靴下の臭いが気になる人が多いですね。

靴下の臭いの原因が分かれば対策もたてられそうです。

足が汗臭いという言葉を聞きますが、汗には臭いがありません。

汗を吸い取った靴下を放置しておくと、強烈な悪臭がでます。

汗は無臭ですが、汗を栄養にする雑菌が原因のようです。

雑菌は汗を栄養にして靴下に繁殖します。

繁殖した雑菌は排出物を出します。

靴下の汗を栄養源にして繁殖した雑菌の排出物が強烈な「臭い」の原因です。

人間の皮膚には常在菌がいます。

常在菌にもいくもの種類があります。

常在菌が繁殖すると臭いが発生するので、常在菌のことを「臭い菌」などと言うこともあります。

足は多く汗がでる部位です。

足は一日にコップ一杯分の汗が出ると言われています。

足を包んでいる靴下は大量の汗を吸い取っています。

革靴やブーツを履くと10分程度で靴下の湿度は100%になります。

靴下に吸い取られた汗は「臭い菌(常在菌)」の栄養となり大量に繁殖します。

「臭い菌」が繁殖するほど靴下は臭くなります。

「臭い菌」には繁殖条件があります。

・汗や汚れなどの臭い菌が繁殖するための栄養が豊富にあること。

・高温度の環境であること

・高湿度の環境であることです。

足を包む靴の中の靴下には以上の3条件がそろっています。

高温で高多湿環境は、「臭い菌」にとっては最適の繁殖環境です。

次に、靴下の臭い対策。靴下の臭いが強い時の洗濯方法などの紹介をします。

 

靴下の臭い対策

 

kusaiyoIMGL7751_TP_V

 

靴下の臭いに悩んでいませんか。

靴下の臭いの原因は「常在菌(臭い菌)」が繁殖して出した排出物です。

「常在菌(臭い菌)」が高温・高多湿で繁殖しないようにするには、消臭スプレーの活用があります。

消臭スプレーがあれば靴下を消臭加工出来ます。

靴下を穿く前に消臭スプレーをします。

靴下がシットリするくらいスプレーしてください。

消臭スプレーが乾いてから穿きます。

足元が臭い原因が素足や靴でなく靴下であれば、消臭スプレーだ効果的です。

次に、靴下の臭いが強い時の洗濯方法の紹介をします。

 

靴下が臭いときの洗濯

 

靴下の臭いの原因は、繁殖した「常在菌(臭い菌)」です。

靴下の臭いの原因を解決する方法の一つに消臭スプレーの活用があります。

靴下の臭いが強い時の洗濯に悩んでいる人も多いようです。

しっかりと洗濯をしたのに靴下の臭いが取れない、靴下を穿いたらスグに臭いがするなどです。

靴下の臭いを消すための洗濯のポイントは、洗濯方法・乾かし方・保管方法になります。

洗濯で注意することは、

・こまめに洗う・お風呂の残り湯を使わない・洗濯槽を定期的に掃除する

・除菌や抗菌洗剤で洗う・洗剤を多く入れ過ぎない・靴下を裏返して洗う

・50℃以上のお湯に洗剤と酸素系漂白剤を入れて20分浸けおきしてから洗濯するなどがあります。


PAGE TOP