熱中症の初期症状、種類、予防対策、水分補給の正しい方法

Sponsored Link

熱中症の初期症状を知っていれば早めの対応ができます。

熱中症にはいくつの種類があるのでしょうか。

熱中症を引き起こす条件は、「環境」・「からだ」・「行動」になります。

「環境」の要因には、気温が高い・湿度が高い・風が弱い・日差しが強い・閉め切った屋内・エアコンの無い部屋・急に暑くなった日・熱波の襲来などがあります。

「からだ」の要因には、高齢者・乳児期・肥満・糖尿病・精神疾患・低栄養・脱水状態・体調不良などがあります。

汗が出ない・皮膚から逃げる熱が少ない・運動や活動で体温が上昇が熱中症に繋がります。

「行動」の要因には、激しい筋肉運動・慣れない運動・長時間の野外活動・水分補給できない状況などがあります。

体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、カラダに熱が溜まる状態が熱中症になります。

 

次に、熱中症の初期症状・熱中症の種類・熱中症の予防などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

熱中症の初期症状

 

p391

 

熱中症の初期症状には、めまい・立ち眩み・顔のほてりなどがあります。

めまい・立ち眩み・顔のほてりは熱中症のサインです。

一時的な意識が遠のく・腹痛などの症状もあります。

熱中症のサインに気が付いたら、症状を悪化させないように上手な水分補給や塩分補給が大切です。

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉が攣るなどの症状がでます。

筋肉がピクピクと痙攣したり硬くなることもあります。

熱中症のサインには、

・体がだるい・汗のかきかたがおかしい・体温が高い・皮膚が赤く乾いている

・皮膚が熱いなどがあります。重度の熱中症には、まっすぐ歩けない

・呼びかけに反応しない・カラダがガクガクとひきつける

・水分補給ができないなどがあります。

次に、熱中症の種類・熱中の予防について紹介します。

 

熱中症の種類

 

熱中症

 

熱中症の初期症状には、めまい・立ち眩み・顔のほてりがあります。

熱中症の種類には、「熱失神」・「熱けいれん」・「熱疲労」・「熱射病」・「熱失神」の特徴は、めまい・一時的な失神・顔面蒼白・脈は速くて弱いなどがあります。

「熱けいれん」の特徴は、筋肉痛・手足が攣る・筋肉が痙攣するなどです。

「熱疲労」の特徴は、全身倦怠感・悪心・嘔吐・頭痛・集中力の低下・判断力の低下などです。

「熱射病」の特徴は、体温が高い・意識障害・呼びかけや刺激への反応がにぶい・元号が不自然・ふらつくなどです。

次に、熱中症の予防の紹介をします。

 

熱中症の予防

 

熱中症は初期症状の段階でケアするように、熱中症の種類と特徴を知っておくと便利です。

熱中症の予防は、暑さに負けない体づくり・適切な食事・十分な睡眠・こまめに水分をとる・適度な塩分補給などがあります。

日常生活の中で暑さに対する工夫も大切です。

気温と湿度をいつも気にする・室内を涼しくする・通気性や吸湿性や速乾性にすぐれた衣服を工夫する・直射日光を避けるなども熱中症予防効果があります。


PAGE TOP