雨の日に窓を開けて換気して良い?換気扇は逆効果?雨の日の換気方法

Sponsored Link

雨の日が多くなると屋外も屋内も湿気でジメジメしてきます。

湿気が多いと、気分まで憂鬱になってきますね。

屋内の湿気対策をして、スッキリとした気分の生活にしませんか。

雨の日の上手な換気方法を知っていれば、湿気に悩まされなくても良いですね。

雨の日の換気扇は上手く使わないと逆効果になるので注意が必要です。

高温多湿の日本の季節には外国から来た旅行者もビックリのようです。

雨の日が続いて湿気が高くなるとどうして不快と感じるのでしょうか。

空気はその時の温度によって、空気の中に含まれる水分の量が変わります。

低い温度では、空気に含むことが可能な水分量が少なくなります。

温度が高くなるにしたがって空気にたくさんの水分を含むことができるようになります。

気温10℃の時と、気温25℃の時の「湿度50%」では、同じ50%の湿度でも気温25℃のほうが空気中にたくさんの水分が含まれています。

そのため、気温が高くなる季節は空気そのものに含まれる水分量が多くなります。

気温が高い時期は気温が低い時期に比べて、体感として湿度が高く「湿気がある」と感じます。

 

次に、湿度が高くなると・雨の日の上手な換気方法・雨の日の換気扇は逆効果?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

湿度が高くなると

 

換気

 

雨が多く降り続いて湿気が高い日が続くとカビの心配があります。

お風呂やキッチンなどの水回りだけでなく、布団や食べ物や、床や壁も結露してカビが生えてしまいます。

気温が高く湿度も上がる時期は、カビにとっては絶好の繁殖環境になります。

カビが繁殖して、カビの胞子を吸い込むと健康に悪影響がでます。

カビはアレルギーの原因にもなります。

カビが生えた空間で生活環境は、気分的が良くないだけでなく健康被害も発生します。

カビが生えることがないよう、雨が降り続く時期には湿気対策を怠らないようにしましょう。

雨の日のカビ対策には上手な換気方法が大切です。

雨の日の換気扇が湿気対策に逆効果なのか気になりますね。

 

雨の日の換気方法

 


Concept safety of life and real estate. Vector illustration.

 

雨の日の上手な換気方法を知っていればカビ対策になります。

雨が降り続いて湿気が多い時に窓を開けて換気しても大丈夫でしょうか?

屋外の湿った空気が入ってきて屋内の湿気が上がるだけの気もします。

屋外の湿気のある外気は窓を閉めていても壁や天井の建材を通して屋内に入ってきています。

雨の日に窓を閉めていても湿気対策はできません。

雨が降っていても換気をすれば屋内の湿気は下がります。

雨の日に洗濯物を部屋干しすると屋内の湿気が高くなります。

窓をチョット開けておくだけで湿度は下がります。

雨が部屋に吹き込んでくるのを注意すれば、雨の日の換気はおススメです。

上手な換気方法は、風の入口と出口ができるように2つ以上の窓を開けることです。

次に、雨の日の換気扇は逆効果?の紹介をします。

 

雨の日の換気扇は逆効果?

 

雨の日の上手な換気方法は、風の入口と出口ができるように2つ以上の窓を開けることです。

雨の日の換気扇は湿気対策には逆効果なのでしょうか。

雨の日の換気では風の入口と出口を作るために2つ以上の窓を開けるのがポイントでした。

窓が1つしか開けられないときには換気扇をつけることで空気の流れを生み出せます。

換気扇は室内のこもった空気を外に出す働きがあります。

窓を開けて新鮮な空気を入れて、換気扇でよどんだ空気を外に出すことでカビ対策になります。


PAGE TOP